データで語るドラフト・育成論

プロ野球ニュース解説、ドラフト候補紹介、野球関連の持論・考察・寸評などを記事にしています。

【ドラフト2021】ドラフト会議日程・1位指名候補と予想

ホーム

ドラフト会議日程・観覧

2021年プロ野球ドラフト会議は

10月11日(月) 17:00~ 開催されます。

昨年と同じオンライン形式での見通しで、観覧無しの無観客となりそうです。

1位指名候補

8月時点で、1位指名候補として名前が挙がっている選手は大体以下の面々になります。

小園 健太(投手・市和歌山)

風間 球打(投手・ノースアジア大明桜)

森木 大智(投手・高知)

達 孝太(投手・天理)

佐藤 隼輔(投手・筑波大)

隅田 知一郎(投手西日本工業大

廣畑 敦也(投手三菱自動車倉敷オーシャンズ

山田 龍聖(投手JR東日本

古賀 悠斗(捕手・中央大)

有薗 直輝(内野手千葉学芸)

阪口 樂(内野手・岐阜第一)

吉野 創士(外野手・昌平)

正木 智也(外野手慶應義塾大)

 

この他にも上位候補と呼べる選手はいて、今年のドラフトは一極集中というよりも各球団の補強ポイントによって分散する指名になりそうです。

 

 

1位指名予想

9/15時点での各球団の1位指名を予想です。

阪神 廣畑 敦也
(投・三菱倉敷)
オリックス 吉野 創士
(外・昌平)
巨人 達 孝太
(投・天理)
ロッテ 小園 健太
(投・市和歌山)
ヤクルト 小園 健太
(投・市和歌山)
楽天 風間 球打
(投・明桜)
中日 阪口 樂
(内・岐阜第一)
ソフトバンク 有薗 直輝
(内・千葉学芸)
DeNA 古賀 悠斗
(捕・中央大)
西武 佐藤 隼輔
(投・筑波大)
広島 正木 智也
(外・慶応大)
日本ハム 阪口 樂
(内・岐阜第一)

 各球団の1位指名予想理由については、球団名からのリンク記事に記載しています。

 

 

1位指名予想解説

阪神
1位なので高校生投手指名かと思われたが、一部報道を受けて1位高校生指名は不可と判断。リリーフ陣に不安があるため、先発リリーフどちらもいける廣畑と予想した。
対抗として小園(市和歌山)・森木(高知)ら高校生投手を強行指名の可能性もある。

巨人
投打で次世代主力候補を準備する必要がある。特に投手は2軍先発が弱く、1軍への戦力供給に不安。伸び代あり将来のエース候補として期待できると予想した。
対抗として外野の長距離砲のブライト(上武大)や走攻守揃った外野手の藤井(NTT西日本)の可能性もある。

ヤクルト
1軍先発がなんとか整ってきたものの、まだまだ先発の層は薄い。次世代エース候補で早期に1軍戦力化が見込めそうな小園と予想した。
対抗として先発左腕強化で黒原(関西学院大)森(三菱重工West)の可能性もある。

中日
日本人の長距離砲不在。将来的に本拠地でも2桁以上を打てる打者が必要で、地元志向と高校生重視の中日なら阪口と予想した。
対抗として即戦力の長距離砲で正木(慶応大)ブライト(上武大)の可能性もある。

DeNA
先発の不調や内外野の控えの薄さなど課題はあるが、攻守の要の捕手が不安定で、特に打撃で弱さが出ている。攻守両立した捕手は上位でないと指名できず、古賀の単独狙いと予想した。
対抗としては投手力強化で佐藤(筑波大)でや隅田(西日本工業大)と予想した。

広島
ランナーを帰す長距離砲が一番の補強ポイント。鈴木誠也のFAも控えているとなると、即戦力の主軸候補が必要で、正木と予想した。
対抗としては同じ長距離砲のブライト(上武大)吉野(昌平)と予想した。

オリックス
野手陣はセンターラインの強化が課題。内野に紅林が台頭しつつあるので、あとはセンターとなると、高校生センタートップクラスの評価の吉野と予想した。
対抗としては社会人センターの藤井(NTT西日本)や高校生投手の達(天理)と予想した。

ロッテ
投打で安定してきているが、先発でエースと呼べる投手が不在。ドラフト1位級かつ、将来への期待が持てる投手と考えると、小園と予想した。
対抗としては高校生投手の風間(明桜)や高校生ショートの粟飯原(東京学館)と予想した。

楽天
先発投手がベテラン揃いになってきて、若い投手の台頭が求められる。今のうちに有望な高卒投手を獲得して準備が必要。東北出身で今年のドラフト候補最速を投げる風間と予想した。
対抗としては同じ高校生投手の小園(市和歌山)や森木(高知)と予想した。

ソフトバンク
柳田以外の長距離砲がいなくなりつつあるチーム事情。3軍制で有望な若手を育てているが、まだまだ未知数なところがある。更に有望なスラッガーを獲得するため、有薗と予想した。対抗としては次世代エースとして期待できる小園(市和歌山)風間(明桜)と予想した。

西武
野手は徐々に若手が出てきつつあり、先の展望が見えてきた。反面投手はまだまだ成績が悪く、ローテに厚みを持たせる必要がある。即戦力先発として期待ができる佐藤と予想した。対抗としては高卒社会人左腕の山田(JR東日本)や隅田(西日本工業大)の可能性はもある。

日本ハム
リーグダントツの本塁打数の少なさに加え、中田が移籍したことで深刻な長打力不足に陥っている。有望なパワーヒッターは最優先で獲得する必要があり、高校生重視のチーム方針とも合致する阪口と予想した。対抗として即戦力の長距離砲で正木(慶応大)ブライト(上武大)の可能性もある。

 

 

プロ志望届提出状況

高校生・大学生のプロ志望届提出状況は以下のサイトに最新が表示されています。

高校生
2021年|プロ野球志望届提出者一覧|公益財団法人日本高等学校野球連盟

大学生
公益財団法人 全日本大学野球連盟

 

主なドラフト候補一覧と一言評価

高校生投手(右腕)

風間 球打(明桜) 志望届提出
今ドラフト最速右腕。直球の質良く佐々木朗希・大谷翔平の再来を思わせる投手

森木 大智(高知) 志望届提出
最速150kmの直球と変化球のコンビネーションが武器。馬力のある投球を見せる

小園 健太(市和歌山) 志望届提出
直球と多彩な変化球を全て制球でき、質もキレも良く高校生ながら即戦力を思わせる

達  孝太(天理) 志望届提出
長身を活かした角度のある直球を低めに集めることができる。伸びしろの評価が高い

畔柳 亨丞(中京大中京) 志望届提出
直球のノビ・球威が高く評価されている右腕。怪我の経験があるので回復具合に注目

市川  祐(関東第一) 志望届提出
ノビのある直球とカウントが取れる変化球で、球威と制球をスカウトが評価

深沢 鳳介(専大松戸) 志望届提出
右のサイドハンド。スライダー、カーブを交えた緩急を用いた丁寧なピッチング

伊藤 樹(仙台育英)
最速149km。腕の振り良く直球も変化球も安定していて完成度の高さ

黒田 将矢(八戸工大一) 志望届提出
腕の振り良い長身右腕で、角度を活かした直球とフォークが売り

山岸 翠(横浜創学館) 志望届提出
サイド気味のフォームから質の良い直球主体の投球。球種は少ないが変化球も良し

篠原 颯斗(池田)
最速149km右腕。角度と力のある直球が武器。フォームのバランスの良さが高い評価

今仲 泰一(健大高崎)
肘の故障から復帰し、最速148kmまで到達。実績は少ないが球威ある直球が武器

中嶋 太一(桐光学園)
最速148km。力強い直球と落差のあるフォークで奪三振を量産する

永島田 輝斗(立花学園) 志望届提出
最速150km。回転数は2300を超える強力な直球が武器。上半身の強さも評価

細谷 怜央(中央学院)
リリーフ時は常時140km後半の快速右腕。肘の故障で夏は悔しい結果も素質は良し

竹山 日向(享栄) 志望届提出
最速151kmの直球を両サイドに投げ分ける。荒れ球だがメリハリのある投球

井崎 燦志郎(福岡)
最速149km。線は細いが長身で質の良い直球を投げ下ろす。素材として高い評価

柳川 大晟(九州国際大付) 志望届提出
身長191cm、最速151kmの速球派右腕。制球は粗いが将来性を評価されている

花田 侑樹(広島新庄) 志望届提出
最速147km右腕。制球が安定して投げミスが少なく、素材として高い評価

田中 楓基(旭川実業) 志望届提出
最速148km右腕。変化球の使い方が上手く、今年から直球の質も良化している

黒木 優(九州文化学園) 志望届提出
最速147kmの長身右腕。大舞台での実績は少ないが、育成すれば伸びる素質を持つ

 

 

高校生投手(左腕)

松浦 慶斗(大阪桐蔭) 志望届提出
最速150kmの大型左腕。肩の故障経験あるも、夏にはスタミナ・安定感を取り戻した

木村 大成(北海) 志望届提出
最速150kmの腕の振りが良い左腕。直球とスライダーのコンビネーションで三振を量産

石田 隼都(東海大相模)
腕の振り良い長身左腕。奪三振能力が非常に高い上、制球も安定してテンポも良い

羽田 慎之介(八王子) 志望届提出
身長191cmの大型左腕。直球の力強さはスカウト絶賛。粗削りだが将来性ある素材型

秋山 正雲(二松学舎大付) 志望届提出
170cmの小柄な左腕だが、ストレートのノビ良くコーナーにしっかり決めて三振を奪う

金井 慎之介(横浜)
手足の長い長身左腕。打者が差し込まれる直球が武器。打者としても評価

 

 

高校生捕手

松川 虎生(市和歌山) 志望届提出
広角に長打を打てるパワーは他の野手含めても上位。捕手技術も評価が高い

高木 翔斗(県岐阜商) 志望届提出
打撃センス良く長打力が評価。肩も強く守備面を磨いていけば言うことなし

川上 陸斗(福岡大大濠)
スローイングの良さが売りの強肩捕手。打撃も伸びしろがある

加藤 晴空(東明館) 志望届提出
2塁送球1.8秒台の強肩。投手・外野手としても起用される身体能力が武器

高校生内野手

阪口 樂(岐阜第一) 志望届提出
高校トップクラスの左の強打者。直球に強く広角へ本塁打を打てる打撃センスが突出

有薗 直輝(千葉学芸) 志望届提出
右の長距離砲。スイングスピードが速く打撃センス良し。三塁と外野守備をこなす

粟飯原 龍之介(東京学館) 志望届提出
身体能力の高い大型ショート。鋭いスイングと俊足が売りで走攻守の評価が高い

田村 俊介(愛工大名電) 志望届提出
左の投手兼一塁手。直球に強く打球を飛ばせるパワーと素質が評価

松下 歩叶(桐蔭学園)
振り切るスイングと堅実な守備が特徴の大型ショート。先輩・森敬斗が目標

川口 翔大(聖カタリナ学園) 志望届提出
広角に強く振れる打撃が光る左打ショート。足が速く送球も安定して守備面も評価

浜岡 陸(花咲徳栄)
バットコントロールが良い高打率の左打ショート。堅守でスローイングも良し

星野 真生(豊橋中央) 志望届提出
攻守で成長が評価されている右打ショート。振り切るスイングで本塁打も打てる

高校生外野手

吉野 創士(昌平) 志望届提出
センターを守る大型外野手。パワーと技術を兼ね備え走攻守いずれも評価が高い

前川 右京(智辯学園) 志望届提出
ライナー性の鋭い打球を量産できる技術に加え、甲子園でスタンドインするパワー

池田 陵真(大阪桐蔭) 志望届提出
高い打率と高校通算25本のパワーで、小柄だが森友哉のような打者を目指す

前田 銀治(三島南) 志望届提出
スピードとパワーを兼ね備える身体能力が光る。投手として143kmの肩も武器

米山 航平(市立尼崎) 志望届提出
佐藤輝明2世と評されるほどの左の強打者。スイングスピード160kmの大砲候補

徳丸 天晴(智辯和歌山)
1年から智辯和歌山の4番に定着。振り切るスイングで飛ばす力は今ドラフト屈指

 

 

 

大学生投手

三浦 銀二(法政大) 志望届提出
最速150kmの直球と多彩な変化球のコンビネーションで安定感ある投球

椋木 蓮(東北福祉大) 志望届提出
サイド気味のフォームから最速154kmの球威ある直球。リリーフなら即戦力候補

赤星 優志(日本大) 志望届提出
最速152km右腕。ツーシームのキレ良く変化球は制球がまとまって安定した投球

徳山 壮磨(早稲田大) 志望届提出
最速151km右腕。肘を柔らかく使ったノビのある直球主体で総合力が高い

飯田 琉斗(横浜商科大) 志望届提出
最速154km,身長187cmの本格派右腕。荒れ球だが球威ある直球で捻じ伏せる

翁田 大勢(関西国際大) 志望届提出
最速152kmの大型右腕。サイド気味からの打者を威圧する球威ある直球を投げ込む

北山 亘基(京都産業大) 志望届提出
最速151km右腕。球威ある直球と緩い変化球の緩急を使い分け、伸びしろも評価

権田 琉成(明星大) 志望届提出
最速152km右腕。首都2部で春にMVP。実績は少ないが肘が柔らかく素材として魅力

古屋敷 匠眞(法政大) 志望届提出
最速154kmのパワーピッチャー。荒れ球だが直球で押して三振が取れるリリーフ

長谷川 稜佑(青森大) 志望届提出
最速155km右腕。制球がアバウトだが球威ある直球が武器、奪三振能力が高い

下山 泰輝(西日本工業大) 志望届提出
最速130km台のアンダースロー右腕。多彩な変化球を投げ分けるまさに技巧派

 

隅田 知一郎(西日本工業大) 志望届提出
最速150km左腕。球威・制球・球種・スタミナなど総合力が高く即戦力候補

黒原 拓未(関西学院大) 志望届提出
最速151km左腕。背が低いが球威ある直球と多彩な変化球をコーナーに投げ分ける

佐藤 隼輔(筑波大) 志望届提出
最速151kmで総合力が高く完投能力もある左腕。キレ・ノビ・制球どれも良し

桐敷 拓馬(新潟医療福祉大) 志望届提出
最速150kmの本格派左腕。奪三振能力があり笠原(中日)以上の完成度とスカウト評

鈴木 勇斗(創価大)
最速152kmの小柄な左腕。奪三振能力が高く良い腕の振りで変化球の評価が高い

山下 輝(法政大) 志望届提出
最速151kmの長身左腕。タイミングがとりづらく直球と同じ振りの変化球が効く

伊藤 稜(中京大) 志望届提出
最速150km左腕。小さいテイクバックから球威ある直球をガンガン投げ込む

 

 

大学生捕手

古賀 悠斗(中央大) 志望届提出
高打率で長打力もある打撃の良い捕手。キャッチング・スローイングはNo.1評価

岩本 久重(早稲田大) 志望届提出
強肩の大型捕手。二塁送球が安定でスローイングの良さが売り。1発のパワーもある

福永 奨(国学院大) 志望届提出
二塁送球1.8秒台の肩の良さ。キャッチングも良く捕手としての守備面が光る

久保田 拓真(関西大) 志望届提出
大型で飛ばす力がある強肩強打の捕手。当たれば飛ぶ鋭いスイングで長打を量産

安田 悠馬(愛知大) 志望届提出
長打を打てる左のパワーヒッター捕手。内外野も守れて強肩を活かした守備

大学生内野手

山城 響(富士大) 志望届提出
大型の二塁兼遊撃手。鋭いスイングからの長打力とユーティリティ性が特徴

中山 誠吾(白鴎大) 志望届提出
100kg近い体重の強肩強打遊撃手。パワーがあり今年春までに大学通算8本

峯村 貴希(日本大) 志望届提出
広角に打てる打撃が売りの大型遊撃手。足や肩も良く大型ながら動きが良い

池田 来翔(国士館大) 志望届提出
バットコントロールの良い二・三塁手。3年秋は低迷したが4年春に高打率の結果

野口 智哉(関西大) 志望届提出
リーグ通算打率3割超えのバットコントロールと、内外野守れる身体能力が売り

大学生外野手

正木 智也(慶応大) 志望届提出
大学No.1スラッガー評価。右の強打者で本塁打を飛ばす能力が高く、選手権MVP

ブライト 健太(上武大)
スイングスピードが速い右の強打者。パワーだけでなく足もありセンターを守る

丸山 和郁(明治大) 志望届提出
小柄だがバットコントロール良く俊足強肩のセンター。4年春六大学打率.357

鵜飼 航丞(駒沢大)
飛距離が自慢の大型外野手。パワーを活かしてスタンドインする打力は注目

梶原 昂希(神奈川大) 志望届提出
身体能力が高く走攻守が高いレベルで揃った左のセンター。大型で強い打球を放つ

福元 悠真(大阪商業大) 志望届提出
長打を打てる技術とパワーを備えた右翼手スローイング良く守備も良い

 

 

社会人投手

廣畑 敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ
最速154km右腕。空振りが取れる直球と多彩な変化球。試合を作れる投手

横山 楓(セガサミー
最速153km。角度とノビのある直球を投げる右腕。日本選手権で5者連続三振を記録

米倉 貫太(Honda)
最速151kmの質の良い直球の右腕。変化球も多彩で、更なる伸びしろも見られている

原田 泰成(日立製作所
最速152kmの体格の良い右腕。大学時代から安定した投球で多彩な変化球も持つ

柴田 大地(日本通運
最速156km右腕。直球のノビが良く、直球だけで空振りを取れる球威が魅力

手塚 周(SUBARU
最速150km右腕。直球の質が良く同じ腕の振りで変化球も使う緩急が武器

山田 龍聖(JR東日本
高卒3年目・最速150kmの本格派左腕。制球はやや粗いがその分奪三振能力が高い

森 翔平(三菱重工West)
最速149km左腕。直球の球威あり制球も安定、スタミナもある先発向きの本格派

渡辺 一生(BBCスカイホークス)
最速148kmの小柄な左腕。直球はノビがあり、テイクバック小さくバランス良いフォーム

社会人内野手

中川 智裕(セガサミー
動きの良い大型強肩遊撃手。安定感は課題だが広角に長打を打てるパワーが魅力

大内 信之介(JPアセット証券)
スピードのある小柄な遊撃手兼二塁手。50m5秒8の脚の速さは球界でも上位に入る

杉崎 成輝(JR東日本
小柄だが走攻守の評価が高く身体能力光る遊撃手。長打力もあり意外性の打撃

水野 達稀(JR四国
高卒3年目の遊撃手。バットコントロール良く打率を残し、本塁打を打つパワーもある

社会人外野手

藤井 健平(NTT西日本
身体能力抜群の外野手。昨年都市対抗若獅子賞の打撃とレベルの高い守備

豊田 寛(日立製作所
逆方向へスタンドインできる強打の右打者。積極的に盗塁を仕掛ける足も武器

向山 基生(NTT東日本
大卒3年目中堅手。鋭い打球の打撃と脚の速さで長打を量産。肩の強さも売り

 

他のドラフト候補についても日々追加中。

 

 

【スポンサーリンク】