データで語るドラフト・育成論

プロ野球ニュース解説、ドラフト候補紹介、野球関連の持論・考察・寸評などを記事にしています。

【ドラフト2021】日本ハムの指名傾向と指名候補10名を予想

北海道日本ハムファイターズの2021年ドラフトで指名する傾向と、指名候補を10名リストアップして予想してみました。

 

昨年の指名を現状評価

2020年ドラフトで北海道日本ハムファイターズ指名選手は以下の通りです。

■本指名

1.伊藤大海・投手(苫小牧駒澤大
2.五十幡亮汰・外野手(中央大)
3.古川裕大・捕手(上武大)
4.細川凌平・内野手智辯和歌山高)
5.根本悠楓・投手(苫小牧中央高)
6.今川優馬・外野手(JFE東日本)

■育成
1.松本遼大・投手(花巻東高)
2.齊藤伸治・投手(東京情報大)

投打で若手が多い日本ハムが上位進出するためには、彼らの成長を期待するだけでなく、確実に戦力として見込める選手が必要でした。
特にセンターラインは攻守で重要なポジションになり、上位進出には強化することを避けて通れません。昨年のドラフトではそれが色濃く表れた指名となりました。
この指名方針は誤りでないと思いますし、実際に単独1位指名となった伊藤は開幕から1軍ローテに定着し、先発の中でも最も良い成績を残せていて大成功となりました。
2位以降の五十幡、古川、今川らは1軍戦力としてはまだ見込めていないですが、2軍に出ながら経験を積めてるので、まずまずの状態と言えるでしょう。
高校生や育成の選手も2軍戦に出せていますし、何より伊藤が大当たりの現状は嬉しい誤算とすら言えます。

 

 

現状のチームの課題

①低打率・低長打率で怖さのない打線

ドラ1伊藤の活躍があっても2021年は前半戦最下位になっています。この原因は投手側では無く打線になっていて、成績を見ると打率・出塁率長打率OPSがどれもリーグワーストとなっています。
とりわけ低いのが打率と長打率で、打率は5位と1分以上の差をつけての.232となっていて、長打率は5位と3分以上も差がついた.338という状態です。これらもあってOPSが他の5チームは.700前後で争っていますが、日本ハムだけ.650前後という状態で1チームだけ打撃が弱い現状がはっきりしています。
こうなっているのは主力の打撃が低調なことで、特に遊撃手の石井、二塁手の渡邉、一塁手の中田、外野の西川と大田、そして捕手陣らが打撃であまり結果を残せていません。近藤・淺間・高濱・野村佑など結果を残せている選手もいますが、全体的には打撃成績は悪く、上位進出するなら打線の整備が必要でしょう。

 

 

本塁打打者不足

これは①に関連することですが、チームとして本塁打の本数が圧倒的に少ない状態になっています。5位より25本も差がついており、5球団は2桁本塁打の選手が1人以上いますが、日本ハムは近藤の7本が最多となっています。
強打者を配置しやすい一・三塁や両翼がなかなか長打を打てていない状態で、このため得点力が劣ってしまっています。
ここは外国人選手の補強で穴埋めすることもできると思いますが、得点力アップにはシーズン2桁打てる選手は何人かいた方が良いですし、昨年ドラフトでセンターラインを意識した分、今年は両翼を意識した指名でも良いはずです。

 

 

投手力を上げる余地もあり

①、②では打撃面の課題を挙げていましたが、札幌ドームという特性を考えると逆に投手陣を底上げする余地もまだあるでしょう。先発防御率はリーグ2位ですが、リリーフ防御率はリーグ4位になっていて、リリーフ陣は底上げがまだまだできる状態です。
特に日本ハムは抑えが固定できておらず、2018年に石川直、2019年に秋吉、2020年には秋吉と宮西、そして2021年は杉浦になっています。今年抑えを任されている杉浦は前半戦でやや不安定な時期もあり、防御率が3点間近になっていて盤石とは言いづらいです。こうした現状を踏まえて、リリーフの層を厚くすることを考えても良いでしょう。

 

今ドラフト指名候補

上記の現状分析と課題を踏まえた上で、今ドラフトで指名しそうな選手10名を予想します。

 

阪口 樂(岐阜第一)

高校No.1クラスの打力を持つ投手兼内野手(左打)
打撃面での評価は今ドラフトトップクラスで将来の主軸候補として狙う価値あり

 

有薗 直輝(千葉学芸)

阪口と同じく今年の長距離砲スラッガー(右打)
一・三・外野を守れるため、野村・高濱らと競わせて長打力の底上げを期待できる

 

清宮 福太郎(早稲田実

右の強打者としてなら清宮弟も候補の1人
捌き方やパワーは兄に似ていて、兄弟揃って長距離砲として育成できるなら指名の可能性あり

 

松浦 慶斗(大阪桐蔭

高校生左腕で最速150kmを投げる球威は今ドラフトトップクラス
北海道旭川市出身なので、近年地元志向が強くなっている日本ハムが指名する可能性は高い

 

高木 翔斗(県岐阜商

強肩強打の高校生捕手で日本ハム熊崎スカウトが評価
チームバッティングや対応力を評価していて、打撃力不足の捕手陣に新しい風を入れるか

 

山田 龍聖(JR東日本

最速150km。高卒3年目の社会人左腕。日本ハム坂本スカウトが腕の振りを評価
高校時代には熊崎スカウトが日本を代表する左腕になれる素材と評価しており、今もしっかり追っているところを見ると評価は変わらずか

 

手塚 周(SUBARU

最速150km。大卒社会人右腕。日本ハム坂本スカウトが直球の質を評価
スピンが多くノビのある直球と、変わらない腕の振りの変化球のコンビネーションが武器で、リリーフ時が特に質が増す

 

木村 大成(北海)

最速148km高校生左腕。日本ハム大渕スカウト部長が何度も視察
スライダーが高校生レベルでは打てないキレがあり、地元ということも考えて指名の可能性は高い

 

米山 航平(市立尼崎)

左打の高校生外野手。スイングスピードが非常に速く脚力もある
万波が1軍に上がりつつあり、将来の主軸候補の高校生外野手を指名する可能性あり

 

古屋敷 匠眞(法政大)

最速154kmの大学生右腕。大渕スカウト部長が真っすぐを活かした投球を評価
直球の球威で押して三振を奪える投球はリリーフ向きで、抑え候補にもなれるか

 

他球団の記事はこちら↓

 

【スポンサーリンク】