データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】竹田 祐(投手・履正社)

安定感抜群の神宮大会優勝投手

プロフィール

名前 竹田 祐 ふりがな たけだ ゆう
高校 履正社 生年月日 1999年7月5日
身長/体重 183cm 83kg 出身 大阪府
投打 右投右打 最速(km/h) 145
変化球 スライダー・カーブ・フォーク

成績・指標

2年秋
試合相手校回数球数打者安打三振四球暴投自責
近畿
1回戦
育英 7 111 30 6 9 1 0 1
近畿
準々決勝
高田商 8 100 27 2 7 2 0 0
近畿
準決勝
滋賀学園 9 159 43 15 6 3 1 2
神宮
1回戦
仙台育英 9 126 35 5 8 1 0 1
神宮
準々決勝
福井工大
福井
3 48 12 2 2 1 1 0
神宮
準決勝
札幌第一 2 29 9 2 0 1 0 0
神宮
決勝
早稲田
実業
6.3 106 27 6 7 5 0 0
合計 44.3 679 183 38 39 14 2 4
防御率 0.81 WHIP 1.17 被安打率 7.71
奪三振 7.92 与四球率 2.84 三振/四球 2.79
球数/投球回 15.32 球数/打者 3.71 暴投/試合 0.29

動画


2016/11/13 竹田祐 (履正社高校) 2年秋 140km/h 右腕


2016.10.30 竹田祐投手(履正社) 対 高田商 ピッチング 2回表 近畿大会


2016.10.23 竹田祐投手(履正社) 対 育英 ピッチング 6回表 近畿大会

総評

神宮大会優勝投手

秋を制した履正社は3番安田・4番若林の強力打線の印象が強いが、真の強さはこのエース投手にあるだろう。

秋季大会は失点を許さない投球ができており、計44回1/3投げて防御率0.91という安定感を示した。

球種が多彩で変化球はどれも精度が良く、カウントを稼ぐ球としても決め球としても使えていて相手打線に的を絞らせない。

直球は神宮大会決勝で最速145kmをマークし、この秋季大会で球威も上がってきた。

フォームのバランスが良く身体も大きいため、まだまだ球威が上がっていく余地を残しているだろう。

夏までには150kmに到達できる可能性を持っている。

疲労が溜まると崩れやすい面が見られるが、現時点で体力が足りないわけでは無いので、冬にしっかり身体をつくっていれば自ずと体力もついてくるだろう。

現状の安定感のまま更に球威とキレが増した状態を春に見せて欲しい。

 

同じドラフト候補の注目投手

www.hamanontan-baseball.com

www.hamanontan-baseball.com

 今年のドラフト候補リスト

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】