データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】金久保 優斗(投手・東海大市原望洋)

プロフィール

名前 金久保 優斗 ふりがな かなくぼ ゆうと
高校 東海大市原望洋 生年月日 1999年11月4日
身長/体重 180cm 70kg 出身 千葉県
投打 右投左打 最速(km/h) 147
変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップ

成績・指標

2年秋
試合相手校回数球数打者安打三振四球暴投自責
関東
1回戦
石橋 9 150 37 7 9 6 1 2
関東
準々決勝
山梨学院 9 176 43 9 6 7 0 2
関東
準決勝
前橋育英 9 122 36 8 7 2 1 2
関東
決勝
作新学院 9 164 45 9 6 7 2 5
合計 36 612 161 33 28 22 4 11
防御率 2.75 WHIP 1.53 被安打率 8.25
奪三振 7.00 与四球率 5.50 三振/四球 1.27
球数/投球回 17.00 球数/打者 3.80 暴投/試合 1.00
3年春
試合相手校回数球数打者安打三振四球暴投自責
選抜
1回戦
滋賀学園 14 218 60 11 10 9 0 4
合計 14 218 60 11 10 9 0 4
防御率 2.57 WHIP 1.43 被安打率 7.07
奪三振 6.43 与四球率 5.79 三振/四球 1.11
球数/投球回 15.57 球数/打者 3.63 暴投/試合 0.00

動画


161021 センバツ出場を賭ける東海大望洋・金久保投手


2016年秋季千葉県大会準決勝 東海大市原望洋vs専大松戸①

○総評

最速147kmでなおかつノビのある直球は今ドラフト候補の高校生投手を見ても、上位に位置する球威を持っている。

変化球ではスライダーが武器でキレがあり三振をとる力がある。

秋季関東大会は1人で投げ抜くなど、スタミナ面も十分と言えそうだ。

ただしこの秋はやや制球がバラついており与四球数が毎試合多くなっている。

昨年夏時点までは制球はそこまで悪くなかったので、元々はそこまで制球難ではないと思うが、現時点ではあまり球威を意識せずに制球を纏めていった方が良いかもしれない。

ひと冬越えて身体がさらにつくられるだろうし、順調にいけば夏には150km前後まで上げることは可能だろう。

その時に球速だけでなく球のノビや制球面も磨かれていることの方がどちらかと言えば大事で、球の質にこだわってほしい。

球威的にも既にプロスカウトは注目してると思われるので、順調にいけばドラフト指名は確実だろう。

 

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】