データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】古賀 悠斗(捕手・福岡大大濠)

打撃も肩も力強さと正確さを兼ね備えた攻守両面型

f:id:hamanontan:20170124121036p:plain

○動画


2016/11/13 古賀悠斗 (福岡大大濠高校) セカンドスローイング & 左本塁打 2年秋 2017年 ドラフト候補


<2017年ドラフト候補>福岡大大濠高校 古賀悠斗 選手:第四十七回 明治神宮野球大会2016早稲田実業高戦

○総評

九州大会から神宮大会まで全ての試合でコンスタントに安打を重ねるなど、打撃の安定感が伺える。

神宮大会では本塁打や長打も打ちパワーがあることもアピールできた。

広角に打てる技術もあり、高校生捕手としては高いレベルの打撃能力を持っている。

守備面では肩がとにかく素晴らしい。2塁送球までの動きが素早く送球は力強く安定していて正確だ。

他に肩の良い捕手として横浜高の福永がいるが、彼を綺麗な送球とするならこちらは力強い送球だ。

キャッチング・守備では神宮大会で失策と捕逸が1ずつある。

捕手経験は2年秋からということなので、まだ捕手としては準備段階といったところだろう。

現時点では捕手として成長するのは良いが、プロ入り後は捕手として伸ばすか、それとも打撃や肩の強さを活かし将来的に三塁手や遊撃手にコンバートするか、選択することになりそうだ。

複数ポジションをこなせる器用さが見られるので、プロ入り後しっかり道を決めれば飛躍的に成長できる可能性を秘めている。

同じドラフト候補の注目捕手

www.hamanontan-baseball.com

www.hamanontan-baseball.com

 

 今年のドラフト候補リスト

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】