データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】日本ハムの指名結果と考察

10/25(木)に2018年のプロ野球ドラフト会議が行われた。

今年は高校生野手の根尾(大阪桐蔭)・藤原(大阪桐蔭)・小園(報徳学園)の3名が競合するなど大いに盛り上がったが、この指名結果について各球団ごとに考察をまとめてみた。

今回は日本ハムの指名についての考察だ。

f:id:hamanontan:20181115222321p:plain

指名結果

【本指名】

1位 根尾 昂 内野手 大阪桐蔭

1位 吉田輝星 投手 金足農業高 ☆
2位 野村佑希 内野手 花咲徳栄
3位 生田目翼 投手 日本通運
4位 万波中正 外野手 横浜高
5位 柿木 蓮 投手  大阪桐蔭
6位 田宮裕涼 捕手 成田高
7位 福田 俊 投手  星槎道都大

 【育成指名】

1位 海老原一佳 外野手 富山GRNサンダーバーズ

日本ハムは1位指名を公表しなかったが、例年その年のNo.1の選手を指名しており、今年も大方の予想通り根尾を1位入札指名した。根尾には中日・ヤクルト・巨人も指名し、4球団競合となり中日が1位指名クジを引き当てた。

根尾を外したことで、日本ハムは外れ1位で甲子園で大活躍した金足農業の吉田投手を指名した。外れ1位で吉田に指名する球団が他にいなかったので、日本ハムの1位指名が吉田で確定した。

2位指名では夏の甲子園で2本の本塁打花咲徳栄の野村三塁手を指名

3位指名では最速155kmを投げる社会人のパワーピッチャー生田目投手を指名

4位指名ではハマスタバックスクリーン直撃弾を放った横浜高校の万波外野手を指名

5位指名では最速151kmで3年夏の甲子園優勝の大阪桐蔭の柿木投手を指名

6位指名では広角に打てる打撃と強肩が武器の捕手の田宮捕手を指名

7位指名では最速148kmでキレの良い球を投げる星槎道都大の左腕の福田投手を指名

育成1位指名では大型でパンチ力ある打撃が魅力の独立リーグの海老原外野手を指名

以上、本指名7名(投手4名、捕手1名、内野手1名、外野手1名)、育成指名1名(外野手1名)の計8名の指名となった。

日本ハムはこれまで育成指名ドラフトに参加せず育成選手を1人も保有していなかったが、今回初めて育成指名に参加し1人を指名した。

 

指名の意図考察

日本ハムは毎年1位指名はその年のナンバーワンを指名するという方針で一貫しており、それが昨年の清宮幸太郎の指名や一昨年の(抽選で外したが)田中正義指名となっていて、今年の根尾の指名もその流れに沿った形で間違いない。

若手を育成するチームで、素材型の高校生でも良いと思った選手は指名して2軍でしっかり育てていく球団で、高校生の指名率が高いのも特徴だ。

日本ハムは昨年の5位から今年は3位に上がり、上り調子になってきたため今後の目標は以下の2つで、これを考えた編成になってくるだろう。

 短期的な目標:優勝を狙っていくこと

 長期的な目標:安定して上位をキープすること

今回のドラフト指名は本指名7名中5名が高校生で、どちらかというと長期的な目標を意識した指名と言えそうだ。

1位指名の吉田輝星は将来のエースとして期待がかかる投手で、3年後のローテを強化したい意図が見える。甲子園で熱闘を見せたポテンシャルや注目度の高さを考えても、エースに育て上げることで得られるメリットは大きいだろう。

日本ハムには若い投手が多いため、3年後でも現先発陣の大半は残っており、そこに吉田が入ってくればローテが強化されることは間違いない。

2位指名の野村はこちらも数年後を見据えた指名で、サードとして期待が持てる選手だ。

日本ハムのサードは今季まで外国人のレアードが守っていて、現状レアードの後釜として打てる選手が用意できていない。サードは打撃力が求められるため、打てる選手を育てておきたいチーム事情があるだろう。

そのため野村を指名して、数年後のサードレギュラーとして育てていく考えが伺える。

パリーグでは打撃力だと西武・ソフトバンクの2球団が突出していて、ここに適う打撃力を身につけないと2位以上が難しくなってきている。

野村を2位で指名した意図は、将来的に西武・ソフトバンクに対抗できる打撃力を身につけたい考えもありそうだ。

3位指名の生田目は上記の吉田・野村と違って即戦力として考えての指名だろう。

最速155kmで先発もリリーフもどちらも投げれる力を持っており、現状の投手力の強化を目的としているのは間違いない。

現状だと先発は村田透が33歳で、リリーフは宮西が33歳になっていて、この2人のどちらの後継者も欲しい状態になっている。生田目が彼らの後継者として入って活躍することで、投手力を落とさず強化していける形を作れるだろう。

4位指名の万波スラッガータイプで将来の主軸打者として期待した指名と言えそうだ。

万波は夏の県大会で横浜スタジアムのバックスクリーンにライナー性の打球を直撃させており、バットの芯に当たった時の打球のノビはすさまじいものを持っている。

反面三振が多いという粗さがあり育てていくのが難しいタイプとも言えそうだが、これほどの打球を打てるのは天性の才能で他の選手に無いものであり、育成に自信を持っている日本ハムだからこそ、ここで万波を指名できたと言えるだろう。

育てるのに時間はかかりそうだが、日本ハムの現外野陣が30代になった後に1軍に上がってくるようになれば、世代交代も上手くいく形になるだろう。

5位指名は夏の甲子園の優勝投手の柿木で、こちらも1位指名の吉田と同様将来の先発として期待されての指名と言えそうだ。甲子園の優勝投手・準優勝投手の2枚看板で数年後に1軍ローテを任されている状態をつくれると、日本ハムの投手王国化も見えてくるだろう。

6位指名の田宮は将来の1軍捕手として期待する指名だ。日本ハムの現捕手陣を見ると、清水・石川亮・郡など若い捕手が順調に育ってきている反面、鶴岡・實松など30代後半の捕手もいて、数年後には彼らが引退することも視野に入れた捕手陣を考えなければならない。

今のうちから若い捕手をしっかり育てておくことで、長期的に捕手に困らないチームを作れるため、その一環として田宮を指名しじっくりと育てていくつもりだろう。

7位指名の福田は地元で隠し球的な投手だ。キレのある球を投げる左腕で、リリーフの即戦力候補として考えた指名と言えるだろう。 

宮西が33歳なので、左腕の後継者候補として福田を獲得してリリーフ左腕不足にならないよう考えてのことと推察する。

球団初の育成指名選手海老原は打撃の良い外野手で、年齢的には大卒1年目の23歳なので早いうちから支配下登録されて、1軍に上がってきて欲しい期待が込められているだろう。こちらも打撃力で西武・ソフトバンクに対抗するため有望な選手をしっかり確保して育てていきたい考えの現れと言えそうだ。

全体的に見ると、日本ハムの今回の指名は将来的に優勝するための強化を目指した、高校生主体に指名になっている。

これは将来的にチームが強くなっていないと難しいが、日本ハムとして数年後には強いチームになっているという見通しがあるのだろう。

それらを次の補強ポイントとの比較や、未来予想図で詳しく記載していきたい。

 

補強ポイントとの比較

日本ハムの補強ポイントを今シーズンの成績から考察してみる。

チーム防御率 リーグ2位

先発防御率 リーグ4位

リリーフ防御率 リーグ1位

1試合平均失点 リーグ4位

チーム打率 リーグ3位

チーム本塁打 リーグ3位

チームOPS リーグ3位

1試合平均得点 リーグ3位

チーム成績を見ると全体的には悪くないチーム状態になっている。

上位2チームとの差は打撃力の差だけになっていて、それも現状リーグ3位としての打撃力は十分備えているため、あとは既存戦力を押し上げていくことができれば、上位との差は詰めていけるところまで来ている。

若い選手が多く育成にも定評がある分、今後も自前の戦力だけで力をつけていくことは可能だろう。

こうした状態なので、将来性を意識した今ドラフトの方針は間違っていない。

課題としては先発の防御率がリーグ下位になっているところで、こちらは競争力を高めていく必要がありそうだ。

現状の日本ハム先発陣は上沢・マルティネス・加藤・有原・高梨など5人がシーズン100イニング以上投げており、頭数自体は揃っているが内容で見ると加藤・有原・高梨などは防御率4点台中盤で、良い成績とは言い難い。

彼らもまだ20代の中盤なので今後の伸びは考えられるが、彼ら以外にも先発候補が台頭してきて内容を良くしていく形をつくりたいところだ。

今年のドラフトで即戦力として期待されているのはドラフト3位の生田目で、もし先発として起用していくとなるとこの先発陣の中に割って入っていく内容が求められる。

ローテを勝ち取るまでになれば先発防御率も上位へ入っていく可能性が強くなるだろう。

将来的には吉田・柿木が先発として育ってくれば更に先発陣の成績を上げることにも繋がり、今度は投手力日本ハムのアドバンテージとなる可能性も出てくる。

リリーフ防御率はリーグトップになっていて、ここは補強の必要が薄いようにも見えるがリリーフの中でも宮西が防御率1点台で1番良い成績なのを考えると、宮西の後継者のリリーフ左腕は準備しておきたいところだろう。そのため福田を指名し、今後も継続してリリーフ成績を良い状態にしておきたい考えが見える。

野手の打撃成績がリーグ3位で、現状のレギュラーメンバーを見ると年齢的に心配なポジションが今のところ無いだろう。更に上に行くためにはもっと質を上げないといけないが、日本ハムの編成は現状急いで戦力強化するよりも、数年先を考えて強化していく方針を取ったと考えられる。

野村は現在レアードが守っているサードの後継者、万波は将来の外野の主軸候補、田宮は鶴岡・實松などベテラン捕手が抜けていく時に備えた次世代捕手獲得。と、それぞれ数年先を考えた指名になっている。

こうした指名の理由として、清宮の存在があるだろう。清宮は1年目の今年に1軍で7本打つなど高卒新人として規格外の活躍をして、将来の主軸として目処がついてきた。

この清宮が5年後には球界を代表するスラッガーになっていることを考え、その時に周りがしっかり清宮と共に力のある選手達になっている形にして、優勝を狙えるようにしておくのは大事だ。

そういった思惑もあり、今回のドラフトでは将来性を見込んだ指名になったと思われる。

 

戦力となった際の未来予想図

今ドラフト選手指名選手が順調に戦力となった場合、日本ハムの3年後・6年後にどう1軍戦力に組み込まれてくるかを考察してみた。

f:id:hamanontan:20181115222335p:plain

支配下指名の野手が全員高校生なので、1軍に上がってくるとしても6年後になってくるだろう。

3年後の時点では清宮が1軍のファーストに定着した形になってそうだ。中田はこの頃には32歳になっていて、指名打者での出場になる可能性が高い。

懸念材料としてはサードのレアードの後釜で、ここは現時点ではまだ3年後に代わりができそうな打撃力のある選手がおらず、外国人を新たに獲得していると考えた。

その他のポジションについては現時点で全員20代のため、3年後も同じポジションで起用されていることになりそうだ。

6年後を考えると、ドラフト指名選手達が上手くすれば全員1軍に上がってきている可能性がある。

捕手は田宮が1軍に上がってくれば、おそらく清水と併用になるだろう。

サードは野村が外国人打者と同様の打撃力を身につけていれば、レギュラー獲りは問題無いだろう。

外野だと大田がこの時点で34歳になっているので、レギュラーとしての出場は難しそうだ。そこに万波が入る形で、大田が抜けた分の打撃力をカバーする役割が期待される。

清宮が主軸打者として活躍する6年後にこうした形で今年の指名選手達が育っていると、優勝も狙える打線になっているだろう。

 

f:id:hamanontan:20181117110831p:plain

投手陣を見ると、3年後のことを考えると先発の村田・中継ぎの宮西の後釜は考えなくてはならないだろう。外国人投手のマルティネスやトンキンについても去就が不明なので、いざとなったら代役が必要だ。

そこで3年後には先発では吉田が力をつけてきてローテに入り、中継ぎは生田目・福田がしっかり投げている形にしたいところだ。

リリーフの宮西が抜けた場合の穴埋めが大事で、生田目や福田には宮西が抜けた後も強固なリリーフ陣を形成できるよう活躍してもらう必要がある。

6年後には柿木が先発ローテとして上がってきて、吉田と2人で次世代ローテとして活躍が期待される。この頃は現先発陣が全員30代に入っているため、他の先発投手も育てないといけない状態になっている。

ここに記載していないが、堀・北浦など他の高卒若手の投手がこの時点で1軍ローテに入ってこれる形になっていて欲しいところだ。

中継ぎも6年後に残っている投手は少なくなりそうで、ここは生田目・福田以外にも投手が出てこないと厳しいだろう。西村・立田・高山などが1軍に上がってこれる状態にしたいところだ。

投手陣は先を考えると世代交代の準備が必要になるのが見えてくる。

 

採点

以上のことを踏まえて指名結果の採点を行ってみた。

99点

内訳を以下に記載する。

 

プラス点(100点)

・将来のエース投手として文句無しの期待ができる吉田を1位指名

・将来サードが不安となる状態に備えて打撃力が期待できる野村を2位指名

・現状の投手力を衰えさせず、ベテランの世代交代の役割を担える生田目を3位指名

・大田の後釜として将来の外野のスラッガーの役割を任せられる万波を4位指名

・将来吉田と並んで先発のWエースとして活躍を期待できる柿木を5位指名

・鶴岡・實松が抜ける際に捕手陣が弱体化しないよう田宮を6位指名

・宮西が抜ける際にリリーフ左腕不足とならないよう福田を7位指名

・初の育成枠活用で育成力をさらに強めていく意識が見えた海老原指名

・清宮が主力に育った時のことを考えた将来性重視の全体的な指名

 

マイナス点(-1点)

・プロに入ってからでないと分からない不確定要素

 

指名した全選手がプロで活躍し、結果を残すことを願っている。

【スポンサーリンク】