データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】勝又 温史(右投・日大鶴ケ丘)についての1000文字考察

f:id:hamanontan:20180829201544p:plain

勝又 温史(かつまた あつし)

180cm 79kg

右投左打

守備位置:投手

最速 152km

選手としての特徴

高校生最速右腕。

夏の甲子園には出れなかったが、西東京大会では決勝戦で最速152kmを記録し、馬力がありオリックスの高卒2年目・山本由伸のようなタイプとのスカウト評価。

投手としては直球の球威が1番の武器で、変化球はスライダーやフォークなどを投げるが、高校では直球主体の投球で抑えてきた。

打者としても評価が高く、西東京大会では打率.450以上、本塁打も打ち、スカウトからはバットコントロールの上手さなど技術面で評価が高い。

150km超を投げれる点からプロからは投手として指名されそうだが、打者として見てる球団もありそうだ。

野手としては外野手で、身体能力の高さと強肩が評価され十分守れる。

 

管理人から見た進路と将来

 甲子園は逃したものの、高校生投手最速の152kmを投げ、打撃も長打力あり投打でスカウト評価が高い。

素材としての良さを評価されて、ドラフト上位指名もあり得る。

投手と野手のどちらが良いか、スカウトの評価が分かれるところだが、152kmを投げれる点で投手となりそうだ。

ポテンシャルを考えると2軍でも早期に登板ありそうだが、制球面での修正が入るかもしれない。

夏の県予選でも球がばらつき四球が多く、全力で投げているがゆえの消耗の激しさも見えた。

フォームの修正やペース配分の考え方など、プロ入り後に覚えることは色々ありそうだ。

1年目はそんな修正など込みで2・3軍で30イニング程度投げれれば良いだろう。

2年目から本格的に2軍ローテ投手としてコンスタントに投げれるようになり、80イニング以上は期待したい。

ここで内容良く結果を残せれば、3年目には1軍昇格となれるだろう。

ポテンシャルを考えたら将来チームのエース級になってもおかしくないが、反面今の課題を修正できなければ、プロでそこまで活躍できず終わるかもしれない。

危うさを持ってる故に、できれば育成がしっかりしたチームや良いコーチに恵まれて欲しい。

 

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】