データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】平松 竜也(投手・盛岡大付)

大器に育つ可能性が溢れる高素材投手

f:id:hamanontan:20170207234303p:plain

動画

なし

総評

昨年秋から最速144kmまで球速を上げチームのエースへと昇り上がってきた。

武器は主に直球だが、球威で押しこめるだけの力があり、奪三振率もかなり高い。

制球もまずまず安定しており、被安打数も多くないところを見ると、今の状態でもしっかり抑えられており、なかなかの高素材と言える。

今後球種を増やし、投球に幅が出てくれば飛躍的に伸びる素質を持ってると言えるだろう。

残りの高校生活では、どれだけ自分の素材を引き出せる投球ができるか突きつめて欲しい。

球種を増やしたり、140km後半まで出せるようになれば、プロのスカウトへも良いアピールになるはずだ。

ただ今年1年でそこまでの完成度へ持っていくのは難しく、今のままなら無理してプロ入りを目指すよりも大学なり社会人経由の方が良いだろう。

そこで引き出しを増やし、投球もさらに磨きをかけてくれば3・4年後にはドラフト上位級の評価になる可能性を持っている。

 

同じドラフト候補の注目投手

www.hamanontan-baseball.com

www.hamanontan-baseball.com

 今年のドラフト候補リスト

www.hamanontan-baseball.com

 

【スポンサーリンク】