データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】飯田 晴海(投手・東洋大)

決め球が欠けるが、多彩な球種と制球の良さが持ち味

f:id:hamanontan:20170212122951p:plain

動画

www.youtube.com

www.youtube.com

総評

去年秋のリーグ戦ではチームメイトの片山と共に先発とリリーフどちらの役割も任されることが多かった。

防御率がやや高めで、短いイニングで一気に失点するパターンが多くまだ安定感が無いように見える。

奪三振率の低さから考えると、打者から見たら当てやすい球になっているのだろう。

多彩な変化球だが与四球率は低く、制球で崩れることは無いがこれという決め球が無いため苦労している感じだ。

球種が豊富なので変化球を上手く使えるようになれば、打ち取る投球をもっと前に出していけるのではないだろうか。

ドラフトを考えると、大学生で右の145kmだとそこまで魅力が高くないため、これという自分の武器や持ち味を前に出していかないと指名は厳しいだろう。

社会人を経由し、持ち味を活かせるようになってからの方がプロで活躍できる可能性は高い。

今年のドラフト候補リスト(大学生)

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】