データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】安田尚憲(三塁手・履正社)

f:id:hamanontan:20161231002928p:plain

 ○動画


2016明治神宮野球大会高校 履正社・安田尚憲選手 打撃内容 対早実


履正社 安田尚憲・ホームラン(大阪桐蔭戦 2016秋季大阪府大会・準決勝)


2016 高校野球 春季大会 履正社 安田尚憲君 ホームラン

 ○総評

東の清宮・西の安田と呼ばれるほど今ドラフトでは注目されている大型スラッガー

清宮と比較すると、清宮の方がホームランを量産できる打者になりそうだが、確実性は安田に分があるのではないか。

球の見極めが良く毎試合成績が安定しているため、対応力は高い。

守備は三塁手だが、この点はまだまだ発展途上だろう。三塁手として守備も良くなってくれば、清宮よりも安田、という球団が増えてきそうだ。

清宮を意識した発言が多く、細かい点も自分で分析して考えられるため、今後の成長が大いに期待できる。

 

ドラフトで1位指名される素材であり、競合もありえるだろう。

サードを守れることから、清宮ではなく安田がNo.1と評価する球団も出てくるはずだ。

近年のプロ野球では強打のサードが減りつつあるため、将来のチームの4番・三塁として安田を獲得したい球団は多いだろう。

安田も清宮同様、プロ入り後にOBだの解説者だの外野から色々と弄られることがありそうだが、そういった意見を無視して自分で考え成長していけるようになって欲しい。

球団としても明確な方針を打ち出し、しっかり育成していって欲しい。

同じドラフト候補の注目スラッガー

www.hamanontan-baseball.com


www.hamanontan-baseball.com

 今年のドラフト候補リスト

www.hamanontan-baseball.com

 

【スポンサーリンク】