データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】摺石 達哉(投手・福井工大福井)

神宮大会へ勝ち上がったスライダーのキレと制球

f:id:hamanontan:20170211144119p:plain

動画

www.youtube.com

総評

球速・球種を見るとなかなか評価に困ってしまうが、秋の神宮大会ではキレの良いスライダーを駆使し、神宮大会では履正社打線相手に好投した。

スライダーはキレも制球も良く、三振を取れる力があり非常に有効に使えている。

全体的な指標をみるとあまり目立って良いところが見当たらないが、試合単位で見ると波の大きい投手で良い時はしっかりと抑えている。

課題としては球威や球種を増やすことが必須になってくるが、それと一緒に安定感も身につけるようになることが大事だろう。

秋は背番号10だったが、神宮大会まで導いた投手なのでセンバツでは背番号1をつける可能性が高い。

この冬にしっかり課題に取り組んでセンバツでは改善してきた姿を見せて欲しい。

ドラフト候補としてはまだ考えられる状態にはなってなく、大学や社会人経由でプロを目指すことになるだろう。

同じドラフト候補の注目左腕

www.hamanontan-baseball.com

www.hamanontan-baseball.com

 

 今年のドラフト候補リスト

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】