データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】葛川 知哉(投手・青山学院大)

右のパワー系サイドスロー

f:id:hamanontan:20170211144359p:plain

動画

www.youtube.com

www.youtube.com

総評

がっしりした体で最速148kmを出す、右のサイドスロー

サイドでこの球速はなかなか希少で、その球威と球種の豊富さを活かして被安打率がかなり低く抑えられている。

与四球率が高めなのでいわゆる荒れ球タイプだが、これだけ打たせない球を投げれているのは良い武器で、まとまりが出てくればもう1段階上のレベルに上がっていけるだろう。

サイドや投手としての特徴を考えると、プロ入りするならリリーフになりそうだ。

先発としてやるには制球の改善は必須で、少なくとも内外の投げ分けができるようにならないと難しい。

リリーフなら球威を活かして押した投球ができるため、左打者相手に苦にしなければ指名する球団が出てくるだろう。

現時点ではプロ入りできる実力はありそうだが、順位は中位以下だろう。

社会人経由も選択肢だが、もう身体もでき上がっていて長所・短所がはっきりしてるため、指名があればそのままプロへ入る方が良いと思われる。

【スポンサーリンク】