データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】浦大輝(投手・高松商) 選抜後

3年春の選抜後の記事になります。

 

選抜前の記事はこちら。

 

www.hamanontan-baseball.com

 

プロフィール

浦 大輝(うら だいき)


選抜高校野球 2016 高松商業 浦 大輝君の投球

生年月日:1998年 9月1日

179cm 78kg

右投右打

最速 141km

香川県出身

 

 

データ

15年選抜高校野球大会成績

5試合 43回1/3 防御率2.49 WHIP1.04 K/BB3.43

被安打率7.89 奪三振率4.98 与四球率1.45

 

昨年秋の神宮大会に劣らぬ安定感で見事な与四球率、K/BBと言えるでしょう。

秋に比べてやや被安打が多くなりましたが、打ち取る投球はできていて制球面と投球術で抑える力が十分にあることが伺えます。

準決勝・決勝は延長戦に入りましたが、最後まで制球はまとまっていて安定感は抜群でした。

現時点で高校野球では抑える力が十分ある投手ですが、プロを目指すならこれから球威をつけていき、三振を取れる球を身につけることが求められてきますね。

 

投球考察

昨年秋の投球の良いところをそのままに選抜でも投げれていました。

神宮大会優勝した実力は本物という証明になり、スタミナと制球面は文句無しの評価になっているでしょう。

ただそういう投球ができている分、球威がもう少し欲しいですね。

右の本格派を目指すのなら、最速が145kmは欲しいですし三振も取れるようになる必要があります。

スライダーのキレは悪くないので、磨いていくことで三振を取れる決め球として使えるようになると良いかもしれません。

 

将来性・タイプ

スタミナや制球面では高校生の中でトップクラスは間違いないですね。

ただ球威がやはり足りてないので、スカウトの評価はまだ低いでしょう。

直球で押していける球威や、三振を取れるキレを磨いていけば、ドラフト候補として評価されてくると思います。

2大会で結果を残しましたし、プロで活躍できる素質は十分にあるので、あとは自分の力を高めていくことに集中していくことが大事ですね。

 

ドラフト指名予想

現時点ではまだ秋の時点と同様に下位指名か大学・社会人行きとなるでしょう。

高校野球の中で勝てる投球術が持っていることは証明されましたので、あとは自分の力を高めていくことのみを考えて球威やキレを磨いていくべきですね。

球速145km以上や、三振数を増やしていくことができれば、指名順位も上がってくると思います。

 

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】