データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】小畑 尋規(捕手・立正大)

波は荒いが1発のパワーを秘める

f:id:hamanontan:20170212205025p:plain

動画

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

総評

秋季リーグでは結果を残せなかったものの、春季は3割を超える高打率で、打撃自体はそこまで悪いわけではなさそうだ。

大学通算2発と捕手ながら長打を打てるパワーがあり、動画でも分かるよう大学日本代表選考合宿ではレフトへ2発打った。

とはいえ秋季リーグの打撃の落ち込みはやや気になるところで、まだ打撃に安定感が無いという風にも見てとれるだろう。

捕手としては肩の強さが特徴的で、2塁送球が早く安定している。

秋季リーグでは捕逸2だが、キャッチングはそこまで悪くなく捕手としての守備力は備わってると言えるだろう。

4年時は攻守に安定感を増して一番良い状態に持ってこれるようにできれば、捕手不足の球団が指名することもありそうだ。

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】