データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2017】北村 拓己(遊撃手・亜細亜大)

ライナー性の打球が多い大型遊撃手

f:id:hamanontan:20170212210141p:plain

動画

www.youtube.com

www.youtube.com

総評

3年秋のリーグ戦では打率.409という驚異的な数値をマーク。3年春も打率.344と、3年に入ってから打撃成績が一気に伸びてきた。

高校時代から打球が速く大学でも1発を打つなどパンチ力も秘めており、打撃内容が良い大型遊撃手だ。

守備は強肩を活かした守備範囲の広さがあり、遊撃手・三塁手どちらも守れる。

規定打席に載った大学3年春・秋を通じて失策0という堅実さも高く評価できるだろう。

長打力のある大型遊撃手なのでプロスカウトから注目されているのは間違いなく、指名を考えている球団はあるだろう。

パンチ力あるパワーや肩の強さなどポテンシャルの高い選手なので、そういった素材としての評価で指名する球団もありそうだ。

上位指名されるには4年時に本塁打を打つなどはっきりとした結果を残すことが鍵になってくる。

大学No.1遊撃手と評価されるような活躍を期待したい。

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】