データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】美濃晃成(二塁手・高松商)

プロフィール

美濃 晃成(みの こうせい) 


2015-11-16 第46回明治神宮野球大会 高校の部-準決勝 高松商vs大阪桐蔭[完全収録版]

生年月日:1998年 5月 9日

170cm 64kg

右投左打

香川県出身

データ

・15年秋 四国大会成績

4試合 15打数 5安打 1本塁打 2四球 1三振 5盗塁

打率.333 出塁率.412 長打率.533 OPS.945

・15年秋 神宮大会成績

3試合 13打数 8安打 0四球 1三振 1盗塁

打率.615 出塁率.615 長打率.923 OPS1.538

 

四国大会・神宮大会共に高打率・高OPSで打撃面では文句無しの成績です。

特に四国大会決勝では本塁打神宮大会決勝では長打を含めた3安打など、要所の試合で結果を残していて、気持ちの強さが出ています。

盗塁数が多く、パンチ力と俊足を活かした長打も打てており、内容も非常に良いでしょう。

 

走攻守考察

打撃フォームは足をやや高く上げてタイミングをとっていますが、軸がブレずにしっかりと球を捉えた打撃ができています。

体重移動がスムーズで、それによって鋭いスイングとなってますね。

パワーヒッターの体格では無いながら、長打を打てているのはこのフォームがあってこそでしょう。

内角・外角の捌きも上手く、軸がしっかりして身体全体の遠心力で打球を捉えています。

盗塁・走塁も成績の通り十分良いでしょう。

足を活かした守備範囲も広く、また投手として最速143kmを投げますから、肩も十分良いです。

 

将来性・タイプ

投手と二塁手をどちらもこなし更に打撃も良く、身体能力は高いので大きく成長していける選手だと思います。

身体能力を考えるとショートへの転向もあり得ると思いますが、これは実際に転向してみないと適性は分からないですね。 

セカンドとして現時点でも攻守で十分な能力を持っていますし、セカンドに専念したとしても良い選手になっていくと思います。

育成次第ではプロ入りして1~2年で1軍戦力となる可能性を持っているでしょう。

 

ドラフト指名予想

現時点でドラフト上位~中位指名される能力を持っていると思います。

春・夏に大会で結果を残していけば、更に評価が上がってくるでしょう。

セカンドではなく将来的にショートとして考えて指名する球団もあると思いますし、今年注目の高校生内野手となることは間違いないです。

 

☆他のセンバツ出場選手一覧はこちら

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】