データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】森山弦暉(投手・日南学園)

プロフィール

森山 弦暉(もりやま げんき)

生年月日:1998年11月2日

160cm 63kg

左投左打

最速 km

宮崎県出身

データ

15年秋 九州大会成績

3試合 20回 防御率3.15 WHIP1.10 K/BB4.33

被安打率8.55 奪三振率5.85 与四球率1.35

 

九州大会では準々決勝・準決勝をそれぞれ完投。

どちらの試合も初回に失点していて立ち上がりに不安がありそうですが、序盤以降は抑えており修正力がありそうです。

成績を見ると与四球率の低さが良いですね。

左腕でこれだけ制球が良いのは評価が高いでしょう。

身長・体重を見るとかなり小さいような印象ですが、スタミナがあり試合をつくれる力がありそうですね。

 

投球考察

投球動画が見つからなかったため、雑誌等の内容からの考察になります。

キレの良い直球とチェンジアップ・スライダーを駆使して打たせて取る投球スタイルのようですね。

低めを意識しコーナーに投げ分ける制球力があるのが、一番の武器でしょう。

直球の球速が分かりませんが、おそらくあまり速くないでしょう。

ですがそれを補える制球力を持っていると言えます。 

 

将来性・タイプ

体格面を考えると上積みがなかなか難しいかもしれませんが、技術的には良い武器を持っていますので、制球力とキレをそのままに身体能力を高めていければ、もっと注目される投手になってくるでしょう。

身長の低さを考えると、縦の角度が使いにくいため左右のコーナーへキレのある球を投げ込める制球力を磨いていきたいところです。

立ち上がりの安定感も改善してくれば、制球の良い左腕ですし良い先発になれる可能性があります。

 

ドラフト指名予想

現時点では高卒プロ入りは難しく、野球を続けるなら大学・社会人行きとなるでしょう。

体格面で不利なため、春・夏の大会でどれだけ結果を残せるかで進路が変わってきそうです。

プロ入りを目指すなら、身体を大きくすることは必須になってきます。

 

☆他のセンバツ出場選手一覧はこちら

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】