データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。

【ドラフト2020】パ・リーグ指名結果採点&考察

f:id:hamanontan:20201103145138p:plain

2020年10月26日(月)、プロ野球ドラフト会議が行われた。

今年は新型コロナウイルスの影響があり、優勝チームも決まってないペナントレース中の開催となった。そして高校・大学野球含めたアマチュアの主な野球の大会が殆ど中止・変更・縮小されることとなり、それだけにプロ志望者もスカウトもどちらも大変な年だったと言えるだろう。

そのドラフト会議が終わり、各球団どういった指名ができたか。採点やどのような意図が見えたか等を考察していきたい。

今回はパ・リーグ編だ。

大阪オリックスバファローズ

99点

■本指名

×佐藤輝明・内野手近畿大
1.山下舜平大・投手(福岡大大濠高)
2.元謙太・外野手(中京高)
3.来田涼斗・外野手(明石商業高)
4.中川颯・投手(立教大)
5.中川拓真・捕手(豊橋中央高)
6.阿部翔太・投手(日本生命

■育成
1.川瀬堅斗・投手(大分商業高)
2.辻垣高良・投手(学法松韻学園福島高)
3.宇田川優希・投手(仙台大)
4.釣寿生・捕手(京都国際高)
5.佐野如一・外野手(仙台大)
6.古長拓・内野手(BC・福島)

佐藤を外したが次世代を意識した指名へ切替。3軍制も完成か

オリックスについてドラフト前の戦力分析では野手指名中心になると予想しており、ドラフト1位は佐藤で行くと確信に近いものがあった。実際オリックスは佐藤指名を公言しこの予想は的中したが、競合の末外してしまった。その後、1位で高校生投手の山下を指名し、更に2位・3位でも高校生野手と一気に次世代型の指名へ切り替えた。ここまではっきりと高校生指名へ切り替えた理由を考察すると、現有戦力の底上げの目途が立っていることや、中嶋監督に長期で託す考えがありそうだ。

オリックスは今季、宮城が1年目ながらファームで安定感抜群の投球ができていることを考えると、1位の山下も同様に育てて将来的に宮城・山下と左右のWエースとしたいところだ。2位の元は俊足・好守で右の長距離砲で今のオリックスにいないタイプだ。こちらは是非とも育て上げて将来の主軸にしたいだろう。3位の来田はセンターを守る左のリードオフマンで、こちらも現在なかなか固定できていない1番センターに将来定着することが期待されていそうだ。2・3位で同じ高校生外野手を指名したが、タイプが全然違う2人なので被ったという印象は全くない。2人が将来上位打線を担えば最高の指名となる。4位の中川颯は希少な右のアンダースローで、オリックスの先発ローテに定着する可能性を十分持っている。オリックス先発陣は比較的安定していて頭数も多いが、こういったタイプを新たに入れることで更に充実してくるだろう。5位の中川拓は体が大きい右のパワーヒッターで、こちらも不足気味のパワーヒッターを補強する意図が見える。打てる捕手として若月や伏見にも良い刺激を与えられると良いだろう。6位の阿部は既に27歳になる社会人投手だが、実戦経験の豊富さが魅力だ。どんな役割もこなせる実力は持っており、今のオリックスに必要な場面を任せることができるだろう。

育成指名では6名を指名した。これは一昨年から続く育成大量指名で、3軍制を完成させるための方針だろう。これで人数的には3軍が完成しそうで、来年から本格的な稼働となりそうだ。全体的にもやはり将来性を重視した意図がはっきり表れていて、指名した若手選手たちが将来的にチームの主力になってくると、今のオリックスとは見違えるぐらい投打で改善できそうだ。マイナス1点を挙げるなら、指名の意図ははっきりしつつも育成指名での事前確認がややお粗末だったところか。仮に2名が入団拒否となれば3軍制に暗雲が出るため、尚更しっかりと事前確認しておくべきだっただろう。

 

オリックスのドラフト前戦力分析と指名予想↓

北海道日本ハムファイターズ

99点

■本指名

1.伊藤大海・投手(苫小牧駒澤大
2.五十幡亮汰・外野手(中央大)
3.古川裕大・捕手(上武大)
4.細川凌平・内野手智辯和歌山高)
5.根本悠楓・投手(苫小牧中央高)
6.今川優馬・外野手(JFE東日本)

■育成
1.松本遼大・投手(花巻東高)
2.齊藤伸治・投手(東京情報大)

伊藤大海の一本釣り成功。バランス良く全体的に穴の無い指名

 今年の日本ハムは先発陣が比較的安定していたが、リリーフ特に抑えが定まらなかったことが課題で、先発と抑えのどちらも可能な伊藤大海は地元選手ということもあり、指名すると予想していた。本番ではその通り伊藤を指名し、一本釣りもできたので大成功と言えるだろう。

2位では五十幡を指名した。事前の戦力分析では日本ハムは外野手は問題ないと思っていたが、調査不足でセンターの西川が今オフにメジャー挑戦する可能性が高く、それを考えて西川の後釜として五十幡を指名したと考えると納得がいく。五十幡は俊足でバットコントロールの良い打者で、足を活かした守備範囲の広さは今ドラフトでも随一だろう。走攻守全てにおいて西川の後釜としてふさわしい選手だ。3位は大学生捕手の古川を指名した。こちらはやはり現状の1軍捕手陣への不安が分かる指名となった。今季、清水と宇佐見を併用しているが、どちらも打率1割台で打撃面で戦力になってないに等しい。打てる捕手がいない状態で、それを埋めれるのが古川だろう。球団としては来年開幕からマスクを被っていて欲しいぐらいの期待度がありそうだ。4位は高校生内野手の細川を指名した。現状ショートは中島・平沼・石井らが起用されているが、こちらも揃って打撃が弱く打てる選手が欲しい。細川は高校生のため即戦力としての補強にはならないが、将来的にレギュラーを獲って、この固定できない状態に終止符を打たせたい思惑がありそうだ。身体能力が高いので1年目から2軍で沢山試合に出れるだろう。5位の根本は高校生左腕で、体は大きくないが直球の質や変化球のキレが良くゲームメイクでき、実戦向きなタイプと言える。こちらも2軍ですぐに実戦経験を積んで、上手く行けば早い時期から1軍で試すこともできそうだ。6位の今川は社会人外野手で、2位の五十幡に続いて2人目の外野手となったが、今川は身体能力が非常に高くアグレッシブなプレーができる選手だ。五十幡とはタイプも異なり、この2人が台頭してくると日本ハムの外野陣が今まで以上に盤石になるだろう。

育成では2人を指名し、高校生の松本と大学生の齊藤というどちらも伸びしろが期待できる素材型投手を指名した。5位指名の根本を含めて将来性を期待されているだろう。育成選手といえど日本ハムはすぐに2軍戦に登板させるため、実戦経験を経て早い時期から支配下登録されるぐらいに成長する可能性がある。

全体的に補強ポイントをしっかりと抑えてバランスの良い指名となった。マイナス1点を挙げるとすれば、内野手の強化がやや弱いか。今季ショートとサードが固定しきれず来季の課題にもなるため、4位の細川以外にももう1人大学生か社会人ショートの指名が必要だったのではないか。ただ、ショートができる若い選手が多いので、上手くまわしていけると考えたか、サードは外国人補強の目途が立っているのかもしれない。今後の動きで答えが出そうだ。

 

日本ハムのドラフト前戦力分析と指名予想↓

東北楽天ゴールデンイーグルス

99点

■本指名

1.○早川隆久・投手(早稲田大)
2.高田孝一・投手(法政大)
3.藤井聖・投手(ENEOS
4.内間拓馬・投手(亜細亜大)
5.入江大樹・内野手仙台育英高)
6.内星龍・投手(履正社高)

■育成
1.石田駿・投手(BC・栃木)

競合で早川を引き当て、今季の課題に対して明確な即戦力投手指名

楽天は直前まで誰に入札1位指名するか分からず、指名の段階で答えが出たが、競合確実の早川を指名した。早川には4球団が競合する形となったが見事に引き当て、これだけでもドラフトは大成功と考えても良さそうだ。何より今年の楽天は先発の運用に非常に苦しんだ。先発防御率はリーグ5位で、主な先発はほぼ全員、防御率3点台後半以上。辛うじて涌井が2桁勝利を挙げたが、先発の整備が必須と分かる状態だ。早川には当然来季開幕からローテ定着が期待されているだろう。

2位指名では最速155kmの大学生右腕の高田を指名。直球の球威が非常に良く、大学生時代の則本と似たタイプで楽天としては第2の則本として期待されていそうだ。3位は社会人左腕の藤井を指名し、こちらも即戦力として期待されているだろう。左のオーバースローで球威があり、先発でも中継ぎでも活躍が期待できる。4位では大学生右腕の内間を指名した。最速150kmで球威があり奪三振能力も高い。このように1~4位まで全員大学生以上の投手たちで、右左がそれぞれ2人ずつにもなっている。投手陣全体の底上げをしたい意図がはっきりと表れた指名になった。5位でようやく投手指名が終わり、高校生内野手の入江を指名した。大型で長打力があり、やや粗さがあるものの育て上げればスラッガーとして期待できそうだ。現在楽天内野陣は鈴木大地・茂木・浅村・小深田などレギュラーが決まっており、即戦力の補強の必要はあまり無い。鈴木・茂木・浅村など打てる選手が多いので、彼らの後継者も当然打てる選手が必要だろう。それを考えて入江を指名したのだと思われる。6位では高校生投手の内で、まだ実績が少ないが身体が大きく、力のある直球を投げれていることから潜在能力が評価されている。将来台頭してくると嬉しいだろう。育成指名は1人で、独立リーグ投手の石田を指名した。最速153kmの右のサイドで、モノになれば早い段階で支配下登録され、1軍リリーフで活躍が期待できそうだ。

楽天は投手中心で大学生以上が1~4位まで4人もいるという、完全に投手陣の立て直しを意識した指名と言える。非常に分かりやすく、補強ポイントをしっかり抑えた指名と言えるだろう。マイナス1点を挙げるとするなら、外野手を1人ぐらい指名しても良かったのでは無いだろうか。楽天はセンター、ライトが今季固定できず、特にライトが決め手に欠いている。外野手の競争を更に激化させるためにも、ここで1人指名しておけば良い影響が出たかもしれない。

 

楽天のドラフト前戦力分析と指名予想↓

埼玉西武ライオンズ

99点

■本指名

×早川隆久・投手(早稲田大)
1.渡部健人・内野手桐蔭横浜大
2.佐々木健・投手(NTT東日本
3.山村崇嘉・内野手東海大相模高)
4.若林楽人・外野手(駒澤大
5.大曲錬・投手(福岡大準硬式)
6.タイシンガーブランドン大河・内野手東京農業大北海道オホーツク)
7.仲三河優太・外野手(大阪桐蔭高)

■育成
1.赤上優人・投手(東北公益文科大)
2.長谷川信哉・外野手(敦賀気比高)
3.宮本ジョセフ拳・内野手名古屋学院大
4.豆田泰志・投手(浦和実業高)
5.水上由伸・投手(四国学院大)

久しぶりの野手中心指名。新山賊打線構築と3軍制への動き

西武はドラフト会議まで誰を入札1位指名するか情報を漏らさず、投手か野手かも分からなかったが、最終的には競合確実の早川を指名した。だが、早川をクジで外した後の切替が早く、4位までに野手3人という2013年ドラフト(1位森・2位山川・4位金子)以来の野手中心指名となった。西武は投手が課題とずっと言われてきたが、今年は野手陣の成績がふるわず、主力打者の衰えが見えてきていた。そのため投手と野手のどちらを重視したドラフトになるか注目していたが、入札1位が早川で、外したら野手指名というのはとても合理的で納得がいきやすい指名と言える。

外れ1位で指名した渡部は長距離砲のパワーヒッター。飛ばす力だけなら阪神ドラ1の佐藤にも引けを取らないだろう。守備位置は主にサードとファーストだが、西武はこれまでサードを守っていた中村剛に衰えが見えてきており、渡部は後継者として期待されているだろう。2位指名は社会人左腕の佐々木で、最速152kmの力のある直球を武器に先発・リリーフのどちらでも即戦力となり得る。ここで佐々木を指名できたことで、3・4位で野手指名にできたと言える。3位は高校生サードの山村で、1位の渡部とポジションが若干被るが、身体能力が高く俊足・強打を活かす選手で潮崎ディレクターも秋山タイプと期待を寄せている。野手はこの先より世代交代を迫られるようになるため、山村は現レギュラー陣の後釜として文句無しの期待度の選手と言える。4位は大学生外野手の若林で、俊足強打とこちらも身体能力が高い。今季西武は栗山が活躍していたが、その栗山も37歳で後継者探しは必須の状態だ。若林が栗山の後釜として、また打てる外野手として台頭してくれば西武としては強力打線を維持していく目処が立つだろう。

5位指名からは打って変わって一芸に秀でた素材型指名となった。5位の大曲投手は準硬式という異色の大学生右腕で最速154kmの直球と三振を獲れるキレのある変化球が武器になっている。公式のプロでどう活躍するか楽しみな投手だ。6位指名はタイシンガーブランドン大河内野手で、ハーフならではの身体能力を活かした肩の強さやパワーが売りだ。サード・ショート・外野を守り育て方次第で西武の弱点を埋める選手になれるだろう。7位は高校生外野手の仲三河で、野手としてはパンチ力のあるスラッガー、投手としても最速140km前後を投げる強肩強打の素材型だ。未来の西武打線を担う存在として期待できる選手と言える。

育成では投手3人、野手2人と多めの指名で、もしかすると3軍制への動きも考えているのかもしれない。西武は3連覇の夢は潰えたが、まだまだ上位に居れる力がありそれを継続するためのドラフトができたと言える。マイナス1点を挙げるなら野手へ寄りすぎた指名という点で、現状の先発陣の状態を考えるともう1人ぐらい大学生以上の投手を指名して良かったかもしれない。ただ、西武の2連覇は打線の力によるものが大きく、その強みを維持し続けるというのも間違った選択ではない。ウィークポイントを覆すだけのストロングポイントを持ったチームとして上位に君臨し続けられるか、来年はそこに注目したい。

 

西武のドラフト前戦力分析と指名予想↓

千葉ロッテマリーンズ

99点

■本指名

×早川隆久・投手(早稲田大)
1.○鈴木昭汰・投手(法政大)
2.中森俊介・投手(明石商業高)
3.小川龍成・内野手國學院大
4.河村説人・投手(星槎道都大)
5.西川僚祐・外野手(東海大相模高)

■育成
1.谷川唯人・捕手(立正大淞南高)
2.小沼健太・投手(BC・茨城)
3.山本大斗・外野手(開星高)
4.佐藤奨真・投手(専修大

即戦力として期待できる大学生と、将来性に富んだ高校生のバランス型

ロッテは早々に早川の1位指名を公言していて、地元の投手ということで期待が集まっていたが、4球団競合の末残念ながら外すこととなった。ただその後外れ1位で同じ大学生左腕の鈴木昭を指名した。鈴木に関してもロッテスカウトは「早川に無いものを持っている」と事前に評価をしており、完璧なリカバリーができた指名と言えるだろう。2位では高校生投手の中森を指名したが、中森がここまで残っていたのはロッテとしては大きかっただろう。ロッテ先発陣はここ数年の補強と高卒育成が功を奏して数が揃ってきているが、絶対的な投手がいない。今季も殆どが防御率3点台後半以上でまだまだ盤石とは言い難く、将来のエース的な存在が欲しいところだ。中森は評価的にはドラフト1位級と言っても過言では無く、将来のエースとして育つ可能性は十分にあるだろう。1位以上に補強ポイントを抑えた指名と言えそうだ。3位では大学生ショートで守備に定評のある小川を指名した。ロッテのショートは現在藤岡が定着しているが、正直今の成績に物足りなさを感じているロッテファンは多いだろう。小川は守備面で藤岡と十分競えるものは持っており、打撃面でも結果を残せれば来年のショートレギュラーはどちらに転ぶか分からない。競争相手として良い指名ができたと言える。4位は大学生投手の河村を指名した。長身で球威があり、永野スカウト部長は先発としてもリリーフとしても活躍できると期待を寄せている。投手陣に厚みを持たせる指名になっただろう。5位は高校生外野手の西川を指名した。西川は高校通算55本の右の大型スラッガーで、一時期はドラフト1位ではないかとさえ言われていた。粗さが目立ったためこの順位まで下がったが、スイングスピードや飛距離は今ドラフトの高校生の中ではダントツだろう。2軍で試合に出ながら確実性を上げ、本塁打を量産できるようになれば将来1軍の主軸を打つ可能性は十分にある。

育成指名では4名と多めの指名をした。投手・捕手・外野手と素材型中心で、一芸に秀でたタイプを指名している。全体的に見ると即戦力と素材型のバランスが良く、ポジションも補強ポイントが意識されている。気になったのがセンターを守れる外野手の指名が無かったことで、これは現状の補強ポイントとして予想していたので意外だった。荻野が34歳で他のセンターを守る福田・加藤らも30歳前後ということを考えれば、そろそろ世代交代を考えなければならない。昨年指名した高部も2軍では高打率の成績だが、1軍ではなかなか結果を残せなかった。ただ、ロッテには藤原や和田など若手のセンターもいるので、来年から彼ら若手が台頭してくるとこの考えも杞憂に終わるだろう。

 

ロッテのドラフト前戦力分析と指名予想↓

 

福岡ソフトバンクホークス

99点

■本指名

×佐藤輝明・内野手近畿大
1.井上朋也・内野手花咲徳栄高)
2.笹川吉康・外野手(横浜商業高)
3.牧原巧汰・捕手(日大藤沢高)
4.川原田純平・内野手青森山田高)
5.田上奏大・投手(履正社高)

■育成
1.佐藤宏樹・投手(慶應大)
2.中道佑哉・投手(八戸学院大
3.桑原秀侍・投手(神村学園高)
4.早真之介・外野手(京都国際高)
5.緒方理貢・内野手駒澤大
6.居谷匠真・捕手(明豊高)
7.大城真乃・投手(宜野座高)
8.中村亮太・投手(東京農業大北海道オホーツク)

高校生野手中心で将来的な対策を施した。3軍制を有効活用した指名

ソフトバンクは昨年の1位入札指名は隠密で、ドラフト時に石川を指名してアッと驚かせられたが、今季は事前に佐藤の指名を公言していた。昨年石川を外したことで三塁手はずっと補強ポイントとして残っており、それを埋めるために今季は佐藤指名としたのだと考えられる。クジは外してしまったが、将来の三塁手をやはりどうしても欲しいことが分かるように、外れ1位では高校生三塁手の井上を指名した。井上は高校通算50本の大型三塁手。パワーのみならず、肩の強さや足の速さもあり今ドラフト高校生野手の中でも頭1つ抜けた身体能力と言えるだろう。松田の後継者が欲しいソフトバンクとしては非常に良い選手を指名できたと言えそうだ。

2位指名では高校生外野手の笹川を指名した。笹川は事前にはそこまで注目度は高くなく、これには驚いたドラフトファンも多かっただろう。笹川は打球を飛ばせる力が非常に強く、福山アマスカウトチーフも柳田以上になる可能性について言及している。3位では高校生捕手で強肩の牧原を指名した。こちらも打撃に秀でており、工藤監督がバットコントロールを評価している。打てる捕手として3軍から育てるのが楽しみな選手だ。4位では高校生ショートの川原田を指名した。川原田は小柄だが守備の動きが良く今宮の後継者として期待できる。打撃も伸びしろがあるので、いずれ川瀬や周東と競い合えるようになると、ショート全体のレベルアップにも繋がるだろう。5位指名でようやく投手で、高校生の田上を指名した。田上は高校2年までは外野手で3年から投手を始めたという異色の二刀流だが、大型の体格で最速151kmの球速があり、伸びしろが非常に楽しみな投手と言える。おそらく最初は投手も野手もどちらも可能性を探っていくと思われるが、じっくり見極めて才能を開花させることができれば、大成する可能性が大いにあるだろう。

育成指名では3軍制のため8名という大量指名を行った。本指名では全員高校生で野手中心の指名となったが、育成では投手5名で大学生も指名しており、早めの支配下登録が期待できる選手も多い。昨年までは本指名が大学生以上中心だったが、今年は逆の形になった。

全体を見ると野手に力を入れた指名というのが一目瞭然で、これはドラフト前の予想通りとなった。打撃面の強化は今後の課題で、それに見合う選手をしっかり指名しているし、将来的な世代交代にも対応した指名と言えるだろう。この中から将来1軍レギュラーに定着できる選手が何人も出てくれば、大成功のドラフトと言えそうだ。気になった点としては、即戦力野手の指名が無かったことで、1位で佐藤を外した時点でどこかで大学生以上の三塁手を指名した方が良かったのでは無いだろうか。松田が今季成績を落としたことで来年に不安があり、連覇を狙うなら1番の不安要素となりそうだ。ただ、グラシアルをサードに定着させる手もあるし、牧原が調子を戻してくる可能性もあるので、それらを考えて思い切って高校生指名に踏み切った可能性もあるだろう。

 

ソフトバンクのドラフト前戦力分析と指名予想↓

 

セ・リーグの採点はこちら

【スポンサーリンク】