データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【2軍成績】高卒ルーキー・高卒2年目2軍成績(5/4時点)

5/4までの若手2軍成績になります。

高卒1年目投手成績

f:id:hamanontan:20180505083658p:plain

DeNA阪口が1人多く投球回を投げてる一方、他の投手はまだ数イニングで阪口の仕上がりの早さが伺える

投球内容で見ると中日清水・ソフトバンク尾形などが良い状態

高卒1年目投手は全体で26名いるので、まだ3分の1程度しか投げてないことになるが、時期的なことを考えれば現時点で投げれてる投手がこれだけいるのは良いペースと言える

高卒1年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180505083707p:plain

ヤクルト村上がOPS.900近くを維持して安定している

打率が3割超え、出塁率長打率が4割以上、BB/Kが0.8以上と内容も良く、今年の高卒ルーキーの中では1番の成績だ

ロッテ安田も村上に続く形でOPS.700超えでこちらも十分良い成績

楽天西巻・広島中村奨・日本ハム難波・西武西川なども全員OPS.600以上で、高卒ルーキーとしては合格点と言える成績

この成績を維持してシーズン通して試合に出続ければ、将来の1軍主力としての道が開けてくるだろう

日本ハム清宮は早くも1軍昇格。1軍では毎試合安打など幸先良いスタートを切れているが、三振もかなり多くこの先どうなるか

高卒2年目投手成績

f:id:hamanontan:20180505083716p:plain

阪神才木・巨人大江・オリックス山崎などがずっと2軍ローテに入って投げ続けている

安定して投げれているのでそろそろ1軍昇格の話が来ても良い頃だろう

高橋昂などのように、既に1軍経験した投手は2軍に戻ってきた場合でも、1軍を経験したことで成績が改善しており、今後の成長ということを考えたら1軍登板は必要になってくる

西武今井が出場停止期間を解除され、2軍で登板した

既に1軍で活躍している同期の投手に比べ大分差がつけられた形だが、ここから取り戻していくためにも自己管理をしっかりして欲しい

高卒2年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180505083726p:plain

DeNA細川が打席数で1人抜け出ており、内容的にも長打率がトップで良い成績だ

中日石垣・ソフトバンク三森なども打席数多くOPS.600超えで内容も悪くない

日本ハム今井はDeNA細川以上のOPSになり、良い状態を維持できている

DeNA大河は2年目のある程度打席数ある中で唯一の打率3割超え、出塁率4割超えで、選球眼・バットコントロールの良さを発揮。今週は長打も出て、良い状態となっている

広島坂倉も打席数はそんなに多くないがOPS.773と良い状態をキープできている

【スポンサーリンク】