データで語るドラフト・若手育成・独立リーグ

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【スポンサーリンク】

【2軍成績】高卒ルーキー・高卒2年目2軍成績(4/27時点)

4/27までの若手2軍成績になります。

高卒1年目投手成績

f:id:hamanontan:20180428095318p:plain

DeNA阪口が2軍ローテ入りして順調に投球回を増やしている

成績としてはまだまだ良いとは言えないが、順調に育成できている状態だ

中日清水が先発登板で3イニングを投げ、投球回2位に上がってきた

ソフトバンク尾形も3軍ではなく2軍のリリーフで順調に育てている

まだ2軍でも登板してない投手は数多くいるが、ここに挙がってる投手は仕上がりが早くこれからもっと投げるようになってくるだろう

高卒1年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180428095717p:plain

ヤクルト村上が112打席までくるも依然としてOPS.900以上を維持し、この分なら200打席OPS.600以上は悠々と突破できそうだ

ロッテ安田・楽天西巻・日本ハム難波・広島中村奨・西武西川なども全員OPS.600以上になっており、昨年は4名(DeNA細川・日本ハム今井・広島坂倉・西武鈴木将)しかいなかったのに対して、今年は200打席以上でOPS.600以上の選手が数多く出てきそうだ

打席数がまだ少ないが日本ハム清宮も本塁打4本で頭角を現しつつある

だがまだ打率が低いので、清宮はしばらくこのまま2軍でしっかりと育成してほしい

高卒2年目投手成績

f:id:hamanontan:20180428100248p:plain

阪神才木・巨人大江・広島高橋昂らが順調に投球回を伸ばしている

高橋昂は1軍登板を果たしたこともあってか、2軍降格後の試合は内容が良くなっていて、良い経験を積めたと言えそうだ

オリックス山本・ヤクルト梅野らも1軍登板を経験してるし、楽天藤平・DeNA京山・広島アドゥワらの1軍での活躍を考えれば、そろそろ阪神才木や巨人大江を1軍で試す時期かもしれない

中日藤嶋もまだ2軍での投球回は少ないが、内容は良く1軍に昇格が決定した

高卒2年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180428100804p:plain

DeNA細川が状態良く、OPS.800以上を安定して維持している

相変わらず三振数が多いが、四球数も増えてきてBB/K自体はそこそこ改善してきた

日本ハム今井もOPS.700台後半で状態は良い。(清宮よりも今井をそろそろ1軍で試しても良い頃だと思うが…)

今井から打席数が少し離れるがDeNA大河も状態良く、2年目野手陣の中でトップの打率・出塁率・BB/Kを維持できている

広島坂倉も打率3割以上でOPSも.800近く、捕手としての守備が安定してくれば1軍に呼ばれてもおかしくない状態だ

【スポンサーリンク】

// TOPへ戻るボタン