データで語るドラフト・若手育成・独立リーグ

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【スポンサーリンク】

【2軍成績】高卒ルーキー・高卒2年目2軍成績(4/20時点)

4/20までの若手2軍成績になります。

高卒1年目投手成績

f:id:hamanontan:20180421074753p:plain

登板状態は先週とあまり変わらず、まだDeNA阪口以外は登板してないか、1試合5イニング以上の登板は無い状態

こちらはシーズン中盤以降にならないとなかなか動かないだろう

DeNA阪口は2軍のローテ入りをしている状態で、前回登板も6イニングを投げており、当分は阪口の登板状態が主な変化となりそうだ

高卒1年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180421074802p:plain

100打席近い選手も出てきており、成績面でも段々バラつきが見えてきた

当初打撃成績が良かった村上・安田・中村奨の3人も成績が変わってきている

村上はOPS.900超えをずっと維持できていて、打撃面は他を寄せ付けていない

安田は一時期OPS.600切りそうなぐらいまで下がったが、本塁打を打つなどして.700まで持ち直した

中村奨は打撃成績を落としてきて、とうとうOPS.600を切ってしまった

他では西川がOPS.800以上で村上に続いて打撃好調

そして清宮が2軍戦復帰し、昨日は2本塁打で成績を一気に上げてきた

打席数では清宮はまだまだ上位陣に敵わないが、本塁打数などで上位と互角以上になってくると無視できない成績になってくるだろう

高卒2年目投手成績

f:id:hamanontan:20180421074816p:plain

投球回上位陣は安定している

大江は防御率は高いが、奪三振率と与四球率が見事な数値で1軍でも三振を取れそうな内容だ

山本はずっと防御率0点台を維持しており、もういつでも1軍に上げれる状態と言えるだろう

才木も内容は文句無しで、1軍で登板する姿を見るのはそう遠くなさそうだ

既に京山や藤平やアドゥワなど、1軍で活躍してる投手もいるので、彼らに続く投手が出てきて欲しい

高卒2年目打撃成績

f:id:hamanontan:20180421074829p:plain

OPS.800超えが細川と今井

この2人は長打率が高くスラッガータイプとして順調に成績を伸ばしている

打席数上位に三森と石垣がいるが、打率が下がってきてやや成績が落ち気味だ

打率だと打席数がやや減るが、大河と坂倉の状態がずっと良い

大河は打率・出塁率・BB/Kの3つがトップ指標で、バットコントロールと選球眼の良さを発揮できている

坂倉は打率と長打率が高く、昨年の成績も考えればもう1軍に出せる状態と言えそうだ

【スポンサーリンク】

// TOPへ戻るボタン