データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【育成】台湾WL 日本人成績まとめ(イースタン・ウエスタン・JABA)

11月25日から始まった台湾WLが12月17日、全日程を終えました。

日本からはプロ野球2軍のイースタン選抜、ウエスタン選抜と、社会人野球のJABA選抜が出場し、イースタン選抜が見事優勝を勝ち取りました。

 

各賞・タイトル部門では、イースタン選抜の佐野(DeNA)がMVP受賞。

佐野はリーグ戦の野手MVPも受賞し、本塁打王(5本)と打点王(18打点)のタイトルも獲得しました。

他にもウエスタン選抜の渡辺(中日)が盗塁王(11盗塁)のタイトルを受賞。

投手部門ではJABA選抜の岡野(東芝)が奪三振王(38奪三振)を受賞しました。

出場したイースタン選抜・ウエスタン選抜・JABA選抜から1人ずつタイトルホルダーが現れ、日本人チームの活躍が光りましたね。

 

続いて、各個人成績を見てみましょう。

 

イースタン選抜

f:id:hamanontan:20171221230648p:plain

先発陣は今大会打ちこまれることが多かったですが、その中で高卒ルーキーの寺島(ヤクルト)が防御率1点台で抑えました。

寺島は準決勝で先発しましたが、ここでもしっかり抑えて被安打率や奪三振率などの指標も良い数値になりました。

リリーフ陣では笠井(DeNA)・成瀬(読売)・中尾(ヤクルト)・高井(読売)・種市(ロッテ)など多数の投手が好投しました。

この強固なリリーフ陣があってこその優勝と言えるでしょう。

f:id:hamanontan:20171221231031p:plain

野手陣はやはり今大会MVPの佐野がスバ抜けて好成績ですね。

打率・本塁打出塁率長打率OPS、全ての指標で素晴らしい数値となっています。

イースタン選抜では4番を任され、その期待にしっかりと応えました。

他の選手では打率3割超えの松原(読売)や、OPSが高い田中(楽天)が活躍しました。

 

エスタン選抜

f:id:hamanontan:20171221231317p:plain

エスタン選抜はリーグ5位でしたが、投手陣では守屋と竹安の阪神先発コンビが結果を残しました。

他にも吉田凌(オリックス)は被安打率が低く指標が良いですし、國場(西武)も奪三振率・与四球率がとても良い数値となっています。

リリーフ陣はやや打ちこまれぎみでしたね。奪三振率が高い中村(ソフトバンク)・鈴木(オリックス)・南川(西武)などがいますが、他の指標が厳しくてなかなか抑えきれないことが多かったです。

f:id:hamanontan:20171221231651p:plain

打撃では渡辺(中日)が打率・長打率OPSで高い数値です。

渡辺は盗塁王も獲得しましたし、今大会で素晴らしい活躍をしましたね。

渡辺以外だと若月が長打率高く好成績を残しましたし、高卒ルーキーの石垣も2本塁打を打つなど結果を残しました。

 

JABA選抜

f:id:hamanontan:20171221231922p:plain

JABA選抜の投手陣は非常に優秀な投手が多く、殆どの投手の指標が素晴らしい数値です。

中でも、岡野(東芝)・堀(NTT東日本)・平尾(Honda鈴鹿)・坂本(新日鐵住金広畑)・吉川(パナソニック)・臼井(東京ガス)ら先発投手陣は全員好成績で、今大会で最も盤石な先発陣を形成していました。

リリーフ陣もレベルが高く、防御率0.00の成績が4人もいますし、万全な継投ができていましたね。

f:id:hamanontan:20171221232311p:plain

野手陣は入れ替えが激しく打席数が全体的に少ないですが、笹川(東京ガス)のOPSが脅威の1.330という数値で、前半戦しかいなかったものの強烈な活躍でした。

他にもOPS.900超えが堀米(東芝)・田村(JR西日本)・木南(日本通運)・長池(Honda熊本)・地引(東京ガス)・中澤(JFE東日本)など多数いますし、野手陣のレベルの高さが分かりますね。

 

まとめ

今回から社会人選抜チームのJABA選抜が大会に加わり、昨年以上に楽しめる大会となりましたが、人数のやりくりで大分苦労していたのが見えますし、果たして来年も参加してくれるかやや不安です。

ただ、今大会が社会人の有力な選手を知るきっかけになったと思う人もいるでしょうし、プロと一緒に同じリーグで試合をするなんてなかなか無いことですから、是非来年以降も継続して欲しいですね。

プロ野球チームも佐野(DeNA)のようにルーキーでいきなり大活躍の選手が出てきますし、若手を知るきっかけになったと思う人も多いと思います。

ここで活躍した選手が来年以降、今度はプロの1軍で活躍するようになってくると面白いですね。

今大会に出たことが良い経験になれば最高ですし、これをきっかけに若い選手がどんどん育ってくれると野球界の発展にも繋がるので、そういった意義も感じられるような大会になってほしいと思います。

【スポンサーリンク】