データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【育成】台湾WL4日目(11/28)の成績(イースタン)

台湾WL3日目、本日はイースタン選抜の試合のみありました。

以下、試合結果と成績です。

 

f:id:hamanontan:20171128230935p:plain

先発は岩橋(ヤクルト)で5回を4失点(3自責点)

初回に2ランを被弾してしまったのが痛かったですね。被安打数が9で結構打ちこまれてしまいました。

6回から2番手の谷岡(読売)。今日は1回を1安打1三振無失点に抑えました。

7回は成瀬(読売)で1回を2安打1四球でしたが無失点で切り抜けました。

8回は島(ロッテ)で1安打1四球1失点。もったいない失点でしたね。

9回は中尾(ヤクルト)が登板。ストレートの球威が良く三者凡退で抑えました。

成績を見てみると、中尾が2試合投げて無失点。奪三振率が凄い高く良い活躍をしてますね。

3戦終わりましたが、投手陣では菅原(楽天)がまだ登板していません。次あたりで投げさせそうですね。

 

f:id:hamanontan:20171128230947p:plain

打線は先発全員安打で10得点と大活躍。

佐野(DeNA)が3安打1本塁打3打点と4番の働きを見せました。

松原(読売)・堀内(楽天)・松尾(DeNA)が2安打ずつで打撃成績を伸ばしました。

田中(楽天)が1安打1四球3盗塁と足を魅せました。

成績を見ると田中(楽天)・佐野(DeNA)・松尾(DeNA)・渡邉(ヤクルト)・堀内(楽天)が打率4割超えで好調ですね。

特に佐野はホームランも打ちましたし、4番打者として存分に力を発揮してくれてます。

堀内も打席数はまだ少ないながら、素晴らしい成績です。

細川(DeNA)がまだノーヒット。今日はスタメン落ちしてしまいましたが、早く1本打てるようになって欲しいですね。

【スポンサーリンク】