データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【育成】各球団の方針・編成・制度

まえがき

 近年のNPBでは3軍制や少数精鋭など、編成面に関しても各球団特色を出しつつあります。

代表格で言うと、ソフトバンク・巨人の3軍制と、日本ハムの少数精鋭(育成無し)でしょう。

どちらが良いかというのはまだ検証が必要になってきますが、こうやって方針を決めて、チームを運営し選手を育てることは、何も方針を持たずに運営するよりも良いことでしょう。

そこで、各球団の現在の保有選手人数から、それぞれの編成・方針を自分なりにまとめてみました。

 

各球団選手人数

f:id:hamanontan:20180816195200p:plain

分類

【完全3軍制】

球団:ソフトバンク・巨人

選手人数は合計90名前後

2軍・3軍が完全に分離し、3軍監督・3軍コーチなど3軍専用の首脳陣を配置

3軍は独立リーグや大学・社会人チームと年間60試合以上の非公式試合を組む

育成選手は毎年大体6人以上指名。

 

【準3軍制】

球団:楽天オリックス

選手人数は合計80名前後

3軍専用の首脳陣はおらず2軍を拡張した形

2軍の試合に出れない選手や育成選手を3軍扱いとし、アマチュア野球チームや他球団3軍と試合を組む

育成選手は毎年大体4名前後を指名。

 

【名目3軍制】

球団:広島

選手人数は通常の2軍制と同じ71~75名。

主に試合に出れない選手(故障・リハビリ・身体づくり)が入り、治療や筋力トレーニング・練習に特化

試合に出すわけではなく、試合に出れない選手のための枠。

身体づくりができた選手は2軍戦に出場。

 

【拡張型2軍制】

球団:中日

野手人数は通常の2軍制球団と同数程度だが、投手が40名超えで3軍制並みの人数。

故障者・リハビリ・若手投手に関しては2軍戦に出さず、治療と身体づくりを行っていて、広島とやや似ている。

身体づくりができた投手から2軍戦に出場。

 

【従来型2軍制】

球団:西武・阪神DeNA

選手人数は71~75名。育成選手が5名以内。

人数的には支配下70名枠を少しオーバーする人数。

通常の2軍戦が主な試合出場機会。各球団個別で対外試合を年数試合組むことがある。

少数精鋭ほど絞られてないため、選手起用は球団で優先順位を決めて行っている。

 

【準少数精鋭型2軍制】

球団:ヤクルト・ロッテ

選手人数は70名以下。育成選手がごく数名。

全体で70名以下の少数精鋭よりの編成。

日本ハムとよく似ているが、こちらは育成選手を数名保有している。

人数の少なさを活かし1人1人の2軍戦出場機会が多い。

その中でも強化指定枠を定め、高卒1年目でも見込みがあればシーズン通して試合に出場させている。

 

【完全少数精鋭型2軍制】

球団:日本ハム

選手人数は69名以下。育成選手無し。

試合か登録選手のみの編成で、最も選手人数の少ない球団。

少なさを活かした少数精鋭型の育成で、1人1人の2軍戦出場機会が12球団で最も多い。

球団で投球回・打席数の最低条件を設定し、どの選手もこの条件を超えるよう試合に出される。

 

あとがき

各球団の選手人数と球団の編成の観点から、このように分類してみました。

どの方針が最もチームの強化にとって良いのかはまだ判断できませんが、各球団それぞれ自前の方針をより深めていくことで、それぞれの特色が出る運営となっていくでしょう。

そういった球団の特色の違いもNPBの魅力の1つとなって、楽しめるようになっていって欲しいです。

【スポンサーリンク】