データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。

【千葉ロッテ】安田 尚憲~ロッテ高卒育成方針の3年目~

f:id:hamanontan:20200908133101p:plain

安田尚憲は2017年ドラフトの外れ1位で、3球団競合の末ロッテが引き当てた。高校時代は清宮・村上らと共に高校生スラッガーとして注目されていて、打撃技術が特に注目されていた。清宮は1年目から1軍で起用され、村上は2年目に1軍でレギュラーを獲り新人王にもなる活躍をしていたが、安田は2年目まで1軍登録は清宮・村上と比べてもかなり少なく、2軍でずっと育成されてきた。

その安田が今季は開幕1軍で起用され、その後主に4番サードとしてスタメンに定着している。9/7時点では249打席 打率.221 本塁打5本 打点30 OPS.679という成績で、正直まだ他球団の4番打者に比べると見劣りする部分もあるが、現状ロッテはリーグ上位で優勝も狙える位置にいるのは、安田が最低限4番としての仕事を果たせている部分もあるだろう。

過去に同じような育成・成績だった高卒スラッガー候補で横浜の筒香がいた。筒香は1・2年目までは2軍中心で起用されてきたが、3年目に1軍に定着し規定打席に載っている。この時の筒香は446打席 打率.218 本塁打10本 打点45 OPS.661という成績で、今の安田と殆ど似た成績になっている。筒香はこの後、翌年は打撃不振で成績を残せなかったが、5年目には打率.300 本塁打22本 打点77 OPS.902という成績を残し、その後長くDeNAの4番を務め、2020年にはMLBへ挑戦した。

この筒香の育成と安田のここまでの育成はとても良く似ていて、成績も筒香と同じような形で成長できている。ロッテが筒香の育成法を意識したかは分からないが、今のところとても順調に進めることができていると言えるだろう。

筒香と同じように安田もこれからロッテの4番打者として開花していけるか、もしくは筒香以上の結果を残すことができるか、この先を楽しみに見ていきたい。

 

【スポンサーリンク】