データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【プロ野球2019】ソフトバンクの戦力分析とドラフト指名予想

f:id:hamanontan:20190825221845p:plain

9月に入りシーズンもいよいよ最後の大詰め、来年に向けたドラフトも刻一刻と迫ってきました。

そこで各球団の戦力分析とドラフト指名予想をしていこうと思います。

今回は福岡ソフトバンクホークスです。

 

現状の戦力分析

[先発投手]

12球団トップ指標の投手陣。若手が順調に育ちつつあり層の厚さも盤石

球界を代表する投手の千賀高橋礼が2桁勝利を挙げ、これに加えて大竹・ミランらが今季ローテに定着している。5番手以降では武田・和田・二保・東浜・松本らが投げており、定着できていないものの頭数としては充実してると言えるだろう。この投手陣で先発の指標であるSP RARは12球団トップになっていて、ヤフオクドームの特性上そこまで凄くは見られないかもしれないが、まず盤石な状態と言える。年齢的にも千賀・高橋礼・大竹らは全員20代中盤の伸び盛りで、他にも若手投手は多い。2軍では笠谷・板東・渡辺健などの若手が投げているし彼らもまだこれからが楽しみな投手陣だ。そのため今回のドラフトでは即戦力先発にこだわる必要は無いだろう。狙うとすると将来の球界のエースクラスになれる投手や、3軍で育てたい素材型投手だ。

ドラフト重要度:低(最上位、もしくは下位・育成指名)

ドラフト指名対象:将来のエース級か、3軍育成の素材型

 

[救援投手]

昨年ドラフト1位の甲斐野やトレードで獲得の松田ら活躍で層の厚いリリーフ

ソフトバンクのリリーフ陣は非常に優秀で層も厚くなっている。40試合以上登板しているリリーフが5人いるが、モイネロが1点台・抑えの森唯斗とトレードで獲得した松田が2点台・嘉弥真が3.00前後、ルーキーの甲斐野が3点台でチーム最多登板。と安定したリリーフがしっかりと揃っている状態だ。ヤフオクドームながら大崩れしてるリリーフがいないのは大きな強みと言える。彼らの活躍もありリリーフの指標であるRP RARは先発と同様12球団トップの指標になっていて、文句の無い状態だ。皆20代で年齢も若い投手が多く、更に上記に入っていないが高橋純椎野など若い投手達もリリーフで成功しつつある。2軍では田中正義杉山などドラフト上位指名投手たちをリリーフ起用していて、ややもったいない感はあるものの頭数は揃ってきている。現状補強する必要性が殆どないポジションだと思われるが、指名するとしたら将来性を考えた、高校生投手の指名が良いのではないだろうか。焦らずじっくり3軍から育てて、数年後を考えた指名としたい。

ドラフト重要度:低(下位・育成指名)

ドラフト指名対象:2・3軍育成対象の高卒投手

 

[捕手]

甲斐が正捕手として不動の地位に定着。指名するなら甲斐の後継者か

 甲斐が今シーズンほぼ全ての試合でスタメンマスクを被っており、打撃はOPS.700台で2桁本塁打。守備面でも捕手のUZRがプラス指標で安定している。まだ20代で年齢的にもまだまだソフトバンクの正捕手として活躍できることは疑いないが、反面甲斐が故障などで離脱した際のリスクは大きいだろう。控え捕手が37歳の高谷で、その他だと栗原九鬼など若い捕手だがまだまだ経験が少ない。ベテランの高谷市川が抜けた後を考えて今の内から準備しておく必要はあるだろう。将来的に捕手にならなくとも身体能力が高く野手として活躍できる目処が立てる選手なら、狙っていっても良さそうだ。

ドラフト重要度:中(中位~下位指名)

ドラフト指名対象:運用に支障をきたさないよう素材型の捕手

 

[内野手]

松田・内川のベテラン2人にまだ頼らざるを得ない状態。若手の台頭が必須

投手力や捕手では非常に優れた選手がいるソフトバンクだが、内野に関しては大きな穴と言われても仕方ないぐらい苦しい状態になってきている。ファーストが36歳の内川、サードが37歳の松田というベテラン2人がほぼ固定起用。松田に関しては20本以上本塁打を打っているが、ヤフオクドームが本拠地でOPS.800に届いてないのは厳しい。守備も流石に衰えてきておりWARは1.0にも届いてない状態だ。内川に関しては更に打撃が伸びずOPS.600台でファーストでこの打撃はかなり弱い。守備面は良いが、打撃重視のポジションだけに打てる選手を置きたいところだ。2軍ではファーストはコラスが打率.300超えでチームトップの本塁打数、OPS.800台という成績で次世代ファーストとして期待できそうだ。サードは増田美間が主に起用されていて、どちらもOPS.750前後の成績で打撃は悪くない。だが守備面で失策が多く、それもあってなかなか1軍に上がってこれない状態となっているのかもしれない。こういった状態で来年すぐに松田・内川の代わりが埋まる可能性は低く、オフに補強に動く可能性はあるだろう。ドラフトでも打撃が良くサードを守れる内野手を絞って指名してくる可能性がある。チーム打撃が弱い原因がここにきてるので、優先度はとても高い。

ドラフト重要度:高(上位~中位指名)

ドラフト指名対象:松田・内川の後継者準備が急務。スラッガータイプの内野手

 

ショート今宮は盤石もセカンドがまた固定できず33歳の明石頼りの状態

今宮が今年もソフトバンクの正遊撃手としてレギュラーで活躍している。6月後半から足の故障で1カ月ほど離脱していた時期もあったが、復帰してからはまたすぐにショートでスタメン起用されていて、チームとして欠かせない戦力になっている。現状ショートに悩む必要は無いところだが、セカンドが今年も課題になってきた。去年は牧原の台頭があったものの今年は打撃が伸び悩み、しかも柳田がいない状態で代わりにセンターを守ることも多くなった。代わりにセカンドで多く出ているのが明石だが、打率.250を切っていてOPS.600台で打撃で結果が残せていない。来年からは柳田が完全復帰してくることが期待されるため、牧原がセカンドに専念できる形になりそうだが、それでも今年の打撃成績ではレギュラー安泰とは言えないだろう。三森・川瀬・高田らもセカンドで起用されているが、彼らも打撃で結果を残せておらずまだレギュラーは遠い。数年後の今宮の後継者育成も考える必要があり、即戦力と素材型の両方で今の内に良いショートを複数名獲得しておきたいところだ。

ドラフト重要度:高(上位~下位・育成指名)

ドラフト指名対象:固定できないセカンドと今宮の後継者候補・即戦力~素材型全て

 

[外野手]

グラシアルが活躍も柳田の怪我・上林の不調の影響が大きく得点力低下

今年のソフトバンクにとっての最大の痛手は何といっても柳田を欠いたことだろう。チームの4番で球界きってのホームランバッターの柳田が開幕からおらず、これだけでソフトバンクは20本以上の本塁打を失ってるといっても過言ではない。これに加えて昨年チーム内最多打席数で本塁打21本、OPS.803だった上林が、今季は現時点で本塁打10本超えがやっとでOPSが.600台にまで落ちている。今年のチームの得点力が落ちたのは、外野の得点源だったこの二人の状態が大きく影響している。レフトのグラシアルが打率3割超え、OPS.900台にまで打つ大活躍で、彼の活躍は非常に大きい。センターは柳田がようやく戻ってきたことで大丈夫そうだが、また同じ事態にならないためにも控えの層は厚くしたいところだ。今季は牧原・釜元・福田がセンターで起用されていたが、福田が攻守両面でまずまずの成績だが、牧原・釜元OPS.600を切っていてセンターとしても打撃が厳しい。若手の台頭を期待したいところだが、2軍では高卒7年目の真砂と育成の田城が積極的に起用されていて、田城に関しては2軍で打率3割打てており期待できそうな状態だ。だが他の若手外野手の台頭が弱く、今年新たに高素材の外野手を獲得してくることは考えるべきだろう。

ドラフト重要度:中(中位指名)

ドラフト指名対象:外野の若手の競争がやや弱いため、次世代主力候補の有望株

 

1位指名予想

佐々木 朗希(投・大船渡)

投手陣が充実しており、即戦力を必要としない状態になっている以上、狙うなら次世代の球界を代表するエース級の逸材だ。佐々木はスカウトや解説者の評価では1~2年目はまだ身体作りの段階になりそうで、投手陣に余裕のある球団の方がやりやすいだろう。そう考えると今のソフトバンクは打ってつけと考える。野手の補強もしたいところだが、まずは佐々木に行ってからその後考えて行けば良いだろう。

指名パターン予想(3位指名まで)

パターン①

1位 佐々木朗希(投・大船渡高)

2位 武岡 龍世(内・八戸学院光星

3位 中村 健人(外・慶応大)

球界のエース級に育つ期待が持てる佐々木を指名できれば、この時点で成功と言えるだろう。2位指名からはチームの補強ポイントにあたる野手で、現在固定できていないセカンドやサード松田の後継者としても期待できる、身体能力の高い武岡を指名する可能性がありそうだ。3位では今季苦しんだ外野手の補強として、即戦力の期待が持てる中村もありそうだ。

 

パターン②

1位 西 純矢(投・創志学園

2位 井上 広大(外・履正社

3位 黒川 史陽(内・智弁和歌山

佐々木の指名を外した場合は佐々木と同じ速球の球威に加えて、三振を取れる武器を持つ西を指名する可能性が高い。ヤフオクドームの性質上三振を取れる投手はとても大事で、西はとても相性が良さそうだ。2位指名では外野の次世代スラッガーとして期待ができる井上を指名。ホームランバッターが外国人頼りになりつつあるので、こういう打者は必要になってくるだろう。3位ではセカンド・サードの後釜候補となる黒川にした。

 

パターン③

1位 石川 昂弥(内・東邦高)

2位 高部 瑛斗(外・国士舘大

3位 東妻 純平(捕・智弁和歌山

佐々木や西ら高校生最上位の投手が指名できなかった場合は、思い切って上位を野手ドラフトにする可能性もありそうだ。高校生No.1クラスの打撃力のある石川を1位指名し、2位では外野のどこでも任せられる俊足巧打の高部を指名。3位はソフトバンクスカウトが甲斐の後継者としても評価していた東妻という、内・外・捕を一気に強化する指名だ。

【スポンサーリンク】