データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】松本 航(投手・日体大)についての1000文字考察

f:id:hamanontan:20180902183003p:plain

松本 航(まつもと わたる)

176cm 85kg

右投右打

守備位置:投手

最速 154km

4年春のリーグ戦成績

 8試合 61回 被安打38 奪三振57 四死球6 自責点8

 防御率1.18 被安打率5.61 奪三振8.41 四死球0.89

 

選手としての特徴

大学生先発で安定感No.1

国際大会でも奪三振を量産し、球威の強さと・球種の幅広さが武器になっている。

大学では1年春から登板し、4年春までほぼ全ての試合で先発で投げている。

防御率が2.00を上回ったのは3年春のリーグ戦のみで、それ以外の6シーズン全て防御率1点台。

投球回とほぼ同じ数の奪三振数で、三振を取る能力が高い。

制球も安定していて、最近のリーグ戦で野四死球率は1.00を切っている。

どの指標を見ても良い数値で、安定感は抜群と言える。

今年の日米大学野球選手権では7回3安打16奪三振無失点という圧巻の投球で、国際大会でも文句無しの結果を残している。

 

管理人から見た進路と将来

大学生先発投手の中では1番の評価になるのではないだろうか。

スカウト評価でも先発として即戦力で考えてる球団が多く、完成度が高い。

先発投手としての安定感・引き出しの多さは今ドラフトでも1番だと思われるし、とにかく即戦力の先発が欲しい球団は1位指名してくる可能性がある。

引き出しの多さから、例え期待通りでなくてもある程度投げれる見込みはあるし、大外れしにくい投手と言えるだろう。

大学での成績を見ても、7シーズン中6シーズンで防御率1点台以下という無双状態だ。

気になるところと言えば、大学でやや投げすぎ感のあるところぐらいか。

 

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】