データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】中日の指名結果と考察

10/25(木)に2018年のプロ野球ドラフト会議が行われた。

今年は高校生野手の根尾(大阪桐蔭)・藤原(大阪桐蔭)・小園(報徳学園)の3名が競合するなど大いに盛り上がったが、この指名結果について各球団ごとに考察をまとめてみた。

今回は中日の指名についての考察だ。

f:id:hamanontan:20181103103127p:plain

指名結果

【本指名】

1位 根尾 昂 内野手 大阪桐蔭
2位 梅津晃大 投手 東洋大
3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋
4位 石橋康太 捕手 関東一高
5位 垣越建伸 投手 山梨学院高
6位 滝野 要 外野手 大阪商業大

 

中日の1位入札は事前の公言通り、今年のドラフトで最大の注目を集めた高校生No.1評価の根尾を指名した。

根尾には他に日本ハム・巨人・ヤクルトも入札し4球団の競合となったが、中日がクジを引き当てることができ、1位指名根尾で確定した。

2位は大学生投手で球威抜群・大型の素材型投手の梅津

3位は社会人投手で球威・変化球など総合力に優れた即戦力候補の勝野

4位は高校生捕手で大型で打撃・フットワークのポテンシャルが光る石橋

5位は高校生投手で直球の球威と変化球が良く奪三振能力の高い左腕の垣越

6位は大学生外野手で広角に打てる巧打者の滝野

以上、本指名では6名(投手3名、捕手1名、内野1名、外野1名)、育成指名には参加せず計6名の指名となった。

 

指名の意図考察

中日は10月2日に根尾の1位指名を公言しており、12球団で最も早い指名公言となった。この理由としては、今年のドラフト候補の中で最も欲しい選手だったことが伺える。

その希望通りにクジを引き当てて指名確定したことで、最も良い1位指名ができたと言えるだろう。

根尾を指名した意図については、投手も遊撃手も外野手もでき野球選手としての総合力が飛び抜けていることや、考え方や人格面を見ても高校生と思えないほどしっかりしており、プロの環境でも自分を見失わず、自分で考え成長していける選手になれるだろう期待が持てるところが大きいと思われる。

選手としては、まずは高校時代に主に守っていた遊撃手として育てられるだろう。

中日には1軍の遊撃手で京田がレギュラーにいるが、根尾の成長によっては京田と競わせたり、京田をセカンドにコンバートするなどもあり得るだろう。

2位指名では今年の大学生投手の中でも高い評価を受けていた梅津を指名した。

梅津は最速153kmの直球を投げる大型右腕だが、大学通算1勝で4年春まで通算で20イニング程度しか投げていない投手で、即戦力とは考えにくい投手だ。

だが素材型としての評価が高く、今後実戦経験を積んでいくことで更に球威や投球内容が改善され力をつけてくると期待されている。

中日としては現時点での補強も大事だが、将来的にエース級や抑えを任せられるタイプが欲しいというチーム事情があると思うので、梅津を育てて将来への投資をするという意図がある指名だと思われる。

3位指名では社会人投手で評価の高い勝野を指名した。1位で高校生野手、2位で素材型投手ときたので、3位指名は即戦力投手を獲得したかった結果だと思われる。

中日は今年リリーフ陣の崩壊があったので、ここの立て直しをするために勝野を指名した可能性もあるだろう。

4位指名は高校生捕手の石橋で、将来の正捕手候補として獲得したと考えて良いだろう。中日は現在1軍は松井雅と大野の併用だが、彼らも盤石とは言えないにも関わらず2軍から対抗馬となる捕手が上がってきていない。

 捕手が固定できない状態は長く続く可能性があり、それなら今のうちからしっかり2軍で育てておき数年後に1軍の正捕手として出てくることを期待しての指名だと思われる。

5位指名は高校生投手の垣越で、こちらも将来へ向けての獲得だろう。中日の投手陣は若い投手も多いが、今一つ結果を残せてない投手が多く、将来を考えると1人でも期待できる投手は確保しておきたいところだ。

垣越は左腕なので、順調に育てば先発としてもリリーフとしても必要な投手になってくるだろう。

6位指名は大学生外野手の滝野で、こちらは将来の1軍外野手の候補としての意味合いが強いだろう。特に中日は現在外野の主力が大島(32)・平田(30)で、年齢的にそろそろ後継者の準備が必要だ。

だが現時点ではまだ彼らの後継者となれる外野手が出てきておらず、そもそも若い外野手が少ないのもあり後継者候補が不足している。そうした状況に対応するために滝野を獲得したと考えて良いだろう。

全体的な指名の意図としては、即戦力というよりも将来へ向けた投資の意味合いが大きいように見える。

根尾・梅津が1軍主力となってきた時、中日の戦力は一気に上がってきそうな期待が持てる指名だ。

 

補強ポイントとの比較

中日の補強ポイントを今シーズンの成績から考察してみる。

チーム防御率 リーグ6位

先発防御率 リーグ2位

リリーフ防御率 リーグ6位

1試合平均失点 リーグ5位

チーム打率 リーグ2位

チーム本塁打リーグ5位

チームOPS リーグ5位

1試合平均得点 リーグ4位

 投手成績を見ると、先発防御率はリーグ2位と安定しているが、リリーフ防御率がリーグ最下位でかなり悪く、それが原因でチーム防御率までリーグ最下位となっている。

 リリーフでは中日は抑えの固定に今季は苦労した。前年まで抑えを任されていた田島が今季防御率7点台という大誤算で、他に30試合以上登板したリリーフを見ても4点台以上が多い状態で、全体的に壊滅的な状態になってしまった。

ここを立て直すことは来年上位進出するのに必須条件と言える。

こういった状態で今年のドラフトで中日は2位で梅津・3位で勝野を指名した。

梅津と勝野については、どちらも力のある直球が武器でリリーフ適性はあるだろう。

梅津がすぐ1軍で使える投手になれるかは分からないが、勝野は即戦力として期待しての使命だと思われるし、1年目から多く起用されそうだ。

もしくは梅津が先発として起用され、現先発陣からリリーフに移る投手が出てくる可能性もある。

中日の場合、先発とリリーフの異動が頻繁に起きるので、どちらも経験してる投手が多くある意味柔軟にやりくりしやすい投手陣になっている。

垣越に関しても、先発とリリーフの両方で適性を見て育てられそうだ。

打撃成績を見ると打率は高いが他の指標が悪く、単打のみでなかなか点が取れていない事情が見えてくる。

ナゴヤドームを本拠地にしている都合上本塁打が出にくい環境ではあるが、得点力の底上げは必要と言えそうだ。

そのために指名したのが1位根尾・4位石橋で、2人とも打撃力に関して今ドラフト候補でもトップクラスと言えるだろう。

根尾については今更言う必要が無いぐらいの打撃力を持っており、身体能力の高さから山田哲人や浅村栄斗級まで活躍する期待感がある。

石橋についても中日のスカウト部長が、去年の中村奨成に引けを取らないぐらいの逸材と評価しており、打てる捕手として育つことが期待されている。

2人ともすぐに1軍で活躍する選手ではないが、将来的には中日の主軸を担うほどの期待を持たれているだろう。

即戦力の補強としては6位指名の滝野を指名しており、タイプ的には大島の後継者として期待されてそうな左打ちのアベレージヒッターだ。

長打を見込める選手では無さそうだが、将来的に大島が衰えても代わりを務めてチーム打率の低下を防ぐような役割になりそうだ。

 

戦力となった際の未来予想図

今ドラフト選手指名選手が順調に戦力となった場合、中日の3年後・6年後にどう1軍戦力に組み込まれてくるかを考察してみた。

f:id:hamanontan:20181103114435p:plain

3年後には根尾が1軍戦力となってる可能性が高いだろう。

守備位置はショートで起用していくことを球団は明言しており、順調にショートで育った場合には3年後には定着している可能性が高い。

その場合は京田がセカンドに入り、高橋周がサードに入ると考える。

3年後に世代交代が起こる可能性が高いのはセンターで、大島の後継者として滝野が1軍センターに定着するとチームとして助かるだろう。

6年後には捕手・一塁・左翼・右翼のポジションが世代交代が迫られてくるが、一塁と左翼に関しては現在と同様に外国人補強で賄う可能性が高く、実質的には捕手と右翼の世代交代となるだろう。

捕手に関しては石橋が24歳となっていて、ここで1軍正捕手として定着していると打撃型の捕手なので、チームの打撃力の向上が期待できるだろう。

右翼については滝野がセンターから移り、センターには現在高卒1年目の伊藤が成長して1軍に入ってくることが望ましい。

こうなることで世代交代が問題無く行われ、尚且つ全体的な打撃力の向上も見込めそうだ。

f:id:hamanontan:20181103114443p:plain

先発の吉見・山井などベテランの投手が3年後にも1軍主力として投げていることは難しく、中継ぎも岩瀬が今季で引退なので代わりの投手が必要だ。

こういった先発・リリーフそれぞれでのベテランの後継者として梅津・勝野が期待されているだろう。

2人が先発・リリーフで主力となることでベテランが抜けた穴を埋め、成績を押し上げることが期待される。

6年後には垣越が1軍戦力として上がってくることが期待されるが、その頃には田島・又吉・福谷などがベテランで衰えてくる可能性があり、リリーフ事情が厳しくなってくる可能性を考えて垣越をリリーフとして考えて入れた。

中日の場合、この時点でも藤嶋・清水・石川など若い投手が多いので先発・リリーフで配置転換する可能性があり、垣越も先発で起用される可能性は十分にあるので、まだ現時点ではどちらとも決められないだろう。

若い投手が多いのが中日の強みでもあり、彼らをしっかり育てあげればまた投手王国を再建する期待も持てる層になってきた。

 

採点

以上のことを踏まえて指名結果の採点を行ってみた。

99点

内訳を以下に記載する。

 

プラス点(100点)

・高校生No.1で将来チームを引っ張る存在として期待できる根尾指名

・大学屈指の剛腕投手で開花すれば先発もリリーフも文句無しの梅津指名

・高卒社会人で21歳と若く、現チームの弱点を埋める力を持つ勝野指名

・長年悩んでいた捕手事情に終止符を打つ抜群のポテンシャルの石橋指名

・将来必要になってくる左腕のチーム事情にピンポイントで合致する垣越指名

・大島の後継者として考えられた巧打の左打者の滝野指名

・将来性があり長期的な戦略が考えられたことが分かる全体的な指名

 

マイナス点(-1点)

・プロに入ってからでないと分からない不確定要素

 

指名した全選手がプロで活躍し、結果を残すことを願っている。

【スポンサーリンク】