データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】柿木 蓮(右投・大阪桐蔭)についての1000文字考察

f:id:hamanontan:20180828220357p:plain

柿木 蓮(かきぎ れん)

181cm 84kg

右投右打

守備位置:投手

最速 151km

3年夏の甲子園成績

試合 相手 回数 打者 球数 安打 本塁 三振 四死 失点 自責
1回 作新学 9 33 105 6 0 8 1 1 1
2回 沖学園 1 5 24 1 0 3 1 0 0
3回 高岡商 4 14 66 2 0 5 0 0 0
準々 浦和学 4 13 50 1 0 6 0 0 0
準決 済美 9 37 155 7 0 10 3 2 1
決勝 金足農 9 34 112 5 0 7 3 2 2
合計 36 136 512 22 0 39 8 5 4

防御率1.00 WHIP0.83(※死球含む)

被安打率5.50 奪三振率9.75 与四死球2.00

 

選手としての特徴

バランスの良いまとまった右腕。

夏の甲子園前まではスカウトから球威不足が指摘されていたが、甲子園で151kmを計測し、その課題を見事にクリアしてきた。

大阪桐蔭勢は根尾・横川なども投手として投げているが、彼らに比べるとやや特徴が見え辛いところがあった。

だが反面、総合的な投手としての能力は高く、今夏には151kmを出してきたことで、本格派として開花し始めたと言って良いだろう。

変化球のスライダー・フォークなどはスカウトからキレの良さを指摘されており、直球と合わせて一流投手への道を歩んでると言える。

 

管理人から見た進路と将来

夏の甲子園での奮闘を見ると、3位までに指名されることもありえる。

球威が伸びてきてバランスの良い本格派タイプになってきた。

高校生投手の中では安定して投げられる方で、プロ入り後も割とすぐに2軍のマウンドに立てるだろう。

1年目は2・3軍で50イニング以上は投げれるだろう。

2年目は2軍の開幕ローテ入りし、シーズン通して2軍でローテを守る力がついてそうだ。

この段階で直球の球威だけで2軍の打者が打ち取れるぐらいになっていてほしい。

現時点ではまだ直球の球威が弱く、プロでも球威を上げることが求められるだろう。

そうして3年目に1軍で登板し、ある程度成績を残す、という流れが順調な成長と言えそうだ。

将来像としては、正直チームの絶対的エースというのは現時点では見えない。

ただローテを安定して守り、チームとして重宝される先発にはなれそうで、凄くなくても良い先発を期待する。

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】