データで語るドラフト・育成論

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】林 晃汰(内・智弁和歌山)についての1000文字考察

f:id:hamanontan:20180827201707p:plain

林 晃汰(はやし こうた)

181cm 87kg

右投左打

守備位置:三塁手

3年夏の甲子園成績

1回戦 vs近江

位置 打数 得点 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 本塁
(三) 3 0 1 0 2 2 0 0 0 0 見三 四球 空三 右安 四球

 

選手としての特徴

今年の高校生野手の中では注目のスラッガー

スイングスピードが速く、根尾・藤原以上とのスカウト評もある

打球の勢いが他の高校生野手と大きく違い、高校時代の筒香級だ

大舞台では打ち損じや三振が多いため、確実性については課題があるが、高校通算49本塁打スラッガーとしての素質は十分に見せている

三塁守備はとりたてて良いとは言えないが、守備範囲が割と広く無難にこなす

 

管理人から見た進路と将来

サードのスラッガーはプロでも割と不足しがちなポジションで、筒香中田翔・中村剛のようなスラッガーが欲しい球団は多いだろう。

そういった球団から見ると林はなかなか魅力的な選手だと思うし、上位指名もあり得る。

ただ打撃面ではやはり粗さが気になるところで、育成にはそれなりに時間が必要だ。

1年目は2軍でほぼフル出場で起用し、プロの打撃を磨く期間になるだろう。ここで本塁打を2桁・OPS.700以上の成績が残せると、将来スラッガーとして期待できる成績と言えるだろう。

2年目以降は2軍の中でも突出した成績を残せることが大事になってくる。特に打率や三振数などの改善が求められそうだ。

将来的にスラッガーとして活躍できるようになるには、弱点が少ない打撃が求められるし、確実性が重要になってくるだろう。

3年目以降から1軍出場機会が増えてくるだろうが、筒香中田翔が本格的にホームランバッターとして結果を残し始めたのが5年目からと考えると、林も1軍活躍はそのぐらいになるかもしれない。

将来的には1軍で中軸を打てて、年20本以上のホームランをコンスタントに打てるような打者が理想的だろう。

筒香中田翔に匹敵する打者へ成長するのが楽しみな打者だ。

 

www.hamanontan-baseball.com

【スポンサーリンク】