データで語るドラフト・若手育成・独立リーグ

成績・データからドラフト候補や若手選手の育成状況についてまとめているブログです。高卒ルーキー・新人王候補・独立リーグの成績は定期更新。

【ドラフト2018】根尾 昂(内・大阪桐蔭)についての1000文字考察

f:id:hamanontan:20180826231212p:plain

根尾 昂(ねお あきら)

177cm 76kg

右投左打

守備位置:遊撃手・投手・外野手

 

 

3年夏の甲子園成績

位置 打数 得点 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 本塁
(遊) 4 1 2 0 0 0 0 0 0 0 左3 中直 一ゴ 左2 -
(投遊) 3 1 2 1 1 2 0 0 0 1 四球 四球 中安 中本 空三
(遊) 3 1 1 0 1 1 0 0 0 0 四球 空三 右2 三失 -
(投遊) 4 1 1 1 2 1 0 0 0 1 左本 中飛 四球 空三 空三
(遊) 3 2 2 0 0 1 0 0 0 0 二ゴ 遊安 四球 中安 -
(遊) 4 2 1 3 0 1 0 0 0 1 四球 一邪

中本

左飛 二ゴ

 

選手としての特徴

身体能力については、ここ数年のドラフト候補でも比類無きレベルの高さ。

・最速150km近い球を投げれる投手

・広角に打てる打撃で高校通算30本

・遊撃手としての反応の良さと送球の速さ

・広い守備範囲と強肩を活かした外野手

これらの能力を全て持っていて、投手・遊撃手・外野手の全てを高いレベルでこなせる。

性格面では練習熱心で自分で考え行動し、とても意識が高い。

学業でも成績優秀との評価で、授業を熱心に聞き至って真面目。

監督に、授業の選択科目を野球のために物理にした方が良いか、と聞くような、全ての物事に対して野球と結び付ける考え方をしている。

 

管理人から見た進路と将来

高卒即プロ入りは間違いなく、これだけの能力と結果を残しているので数年で1軍主力となれる可能性を秘めている。

プロではまずはショートを守ることになるだろう。これはどこの球団に行っても同じだと思われる。

ただしプロ入り前の時点で投手・外野手もしっかりこなせる能力を持っているので、入団するチーム事情によっては他のポジションへ移ることもあり得る。

高卒1年目はまず2軍なり3軍なりで200打席以上を経験。ここで頭角を表すことができれば、1年目終盤に1軍出場もあり得る。

これだけの選手だとOPS.700以上は期待したい。

おそらくプロでは打撃よりも守備に苦労すると思われる。高校とプロでは打球速度が大きく異なり、高校で遊撃手の名手扱いされてた選手がプロでは二塁・三塁・外野に移ることは珍しくない。

この辺りは選手の特性だけでなくチーム事情も絡んでくるため、一概に遊撃手の適性が無いため移ったとは言えないが、逆に移ることで打撃に集中できることもあるため、良い面も悪い面もある。

1年目に2軍である程度ショートとして守れて問題無ければ、そのままショートとして育てていく球団は多いだろう。

2年目頃からはもう1軍昇格を見据えた準備期間となり、2軍成績もある程度突出したものが欲しい段階だ。チーム事情によっては1軍昇格もあり、1軍の力を知れる年になるだろう。

3年目にはもう1軍戦力として機能し、それなりに結果も求められる。

山田哲人坂本勇人・浅村栄斗らも3年目には1軍で400打席以上かそれに近い打席数を経験しており、もうこの段階で1軍戦力として見られている。

将来的には主軸打者として活躍できる選手だと思われるので、末は上記で挙げた坂本勇人山田哲人・浅村栄斗らのような二遊間を守れる主軸へ成長してもらいたい。

 

こちらもどうぞ


【スポンサーリンク】