データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】美濃晃成(二塁手・高松商) 選抜後

3年春の選抜後の記事になります。

 

選抜前の記事はこちら。

www.hamanontan-baseball.com

 

プロフィール

美濃 晃成(みの こうせい)

生年月日:1998年 5月 9日

170cm 64kg

右投左打

香川県出身

 

動画


高松商 美濃晃成(3年春)

 

データ

16年選抜高校野球大会成績

5試合 22打数 9安打 2四球 1三振 2盗塁

打率.409 出塁率.458 長打率.727 OPS1.186

今大会では高打率で長打も多く打ち、打撃面で大きな結果を残しました。

この打撃の良さは秋から続いていますし、十分打撃力が備わっていると言えるでしょう。

四球を選び盗塁も決めてますし、文句無しの打撃と言えます。

 

走攻守考察

スイングが鋭く、捉えた打球のスピードはスラッガーの打球と遜色無いです。

球の見極めが上手いですし、空振りも少なく打撃ゾーンが大きいです。

セカンドでは高校生で最も打てる打者と言っても過言でないかもしれません。

守備面では細かいところで少し粗がありましたので、改善していく必要がありますね。

とはいえ打撃面でこれだけ良いので、スカウトからの評価は十分高いでしょう。

夏でもしっかりと結果を残せば、高校生No.1セカンドの評価を得ることができると思います。

 

将来性・タイプ

身体は細身ですがそれを補って余りある打撃技術を持っていますし、身体づくりを伸びしろとして考えたらまだまだ成長が見込めます。

強打のセカンドはプロでも必要とされていますし、山田哲人のように本塁打を量産できる打者を目指していくと良いと思います。

小さきまとまるよりも主軸を打つ打者になるよう、打撃面は特に技術を高めていった方が良いでしょう。

投手もできる身体能力ですので、しっかり成長していけば早いうちからプロで活躍できる選手になるでしょう。

 

ドラフト指名予想

ドラフト上位~中位で指名される可能性があると思います。

ショートでは無くセカンドという点で評価がやや落ちるかもしれませんが、それでも打撃面でこれだけ打てる選手は今年の高校生では少ないですし、将来的に主軸を打てるセカンドが欲しいチームは上位でも指名すると思います。 

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】