データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】米麦圭造(遊撃手・高松商)

プロフィール

米麦 圭造(よねばく けいぞう)


2015-11-16 第46回明治神宮野球大会 高校の部-準決勝 高松商vs大阪桐蔭[完全収録版]

生年月日:1998年 9月 2日

177cm 73kg

右投右打

香川県出身

データ

・15年秋 四国大会成績

4試合 15打数 3安打 2四球 1三振 3盗塁

打率.200 出塁率.294 長打率.267 OPS.561

・15年秋 神宮大会成績

3試合 12打数 5安打 2四球 1三振 1盗塁

打率.417 出塁率.500 長打率.417 OPS.917

 

四国大会ではあまり打率を残せませんでしたが、2四球3盗塁するなど選球眼と足で貢献しました。

長打力はあまり無い打者ですが、その分を十分補っていますね。

神宮大会では打撃が上向いてきて、決勝で貴重な同点タイムリーを打つなど、要所で仕事を果たしました。

打順は3番ですが、出塁意識が高く塁に出れば足を使えるリードオフマン的な仕事ができていましたね。

 

走攻守考察

打撃フォームは足をあまり上げないですが、身体を使って小刻みにタイミングを取っています。

長打を打つよりもどんな球にも対応することを意識していますね。

見極めがよくできていて、出塁意識の高さが伺えます。

盗塁できる足は武器で、どんな場面でも積極的に狙っていますね。

守備は神宮大会では2失策してますが、俊足を活かした守備範囲で肩も強いです。 

 

将来性・タイプ

走攻守揃った遊撃手ということでプロスカウトからも注目を集めているでしょう。

体格がしっかりしていますし、打撃にしても守備にしてももっと身体能力を活かしたプレーができると思いますから、素材としても伸びしろが十分あると思います。

リードオフマンという役割よりも、3番打者的な役割を狙っていって欲しいですね。

 

ドラフト指名予想

中位~下位指名される可能性が高いでしょう。

他のドラフト候補のショートと比べると、若干身体能力を活かしきれてないように見えますが、そこを伸びしろと考えて獲得する球団があるのではないでしょうか。

夏までに長打も打てるようになってくると、更に評価が上がってくると思います。

 

☆他のセンバツ出場選手一覧はこちら

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】