データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【ドラフト2016】丸山拓也(投手・鹿児島実業)

プロフィール

丸山 拓也(まるやま たくや)

生年月日:1998年 5月13日

173cm 76kg

右投右打

最速 km

鹿児島県出身

データ

15年秋 九州大会成績

2試合 8回1/3 防御率4.32 WHIP1.44 K/BB1.00

被安打率9.72 奪三振率3.24 与四球率3.24

 

九州大会では2回戦と準決勝に登板しました。

エースナンバーをつけていますが、九州大会ではチーム内の谷村投手と交互に投げていました。

計わずか8イニングしか投げていませんので、この成績から評価はしにくいですが、被安打率の高さや奪三振率の低さを見ると、全国の強豪校相手ではなかなか抑えるのが難しそうですね。

 

投球考察

投球動画が無く考察しにくいですが、右上手からの力のありそうなフォームです。

写真だと身体の開きが大きく打者に出どころが分かるようになってるので、抑えれるようになるにはまずこのフォームから改善していくと良いかもしれません。

下半身が大きいですし、重心を下げて下半身主導の投球にしていけば、投球が安定し粘りが出てくると思います。

とはいえもう3年生ですので、高卒即プロを目指すなどでなければ、焦らず今のフォームで投球を磨いていく形が良いでしょう。

 

将来性・タイプ

現時点ではまだ将来について判断できないですね。

素材としては可能性を秘めていると思いますが、すぐに芽が出るというわけではなく長い期間を必要とするでしょう。

技術・体力ともにまだまだ磨く点が多々あると思いますし、それらはこれからの野球に対する取り組みの積み重ねによって改善されていくことだと思いますから。

 

ドラフト指名予想

野球を続けるのなら、大学・社会人へ行くことになるでしょう。

プロ入りする可能性は、大学・社会人でしっかりと野球に取り組んでいくことで徐々に形となって表れてくると思います。

現時点では急ぐ必要は全くなく、まずは目の前の高校野球に全力で取り組むことが一番大事になってくるでしょう。

 

☆他のセンバツ出場選手一覧はこちら

 

☆他のドラフト候補一覧はこちら

【スポンサーリンク】