データで語るドラフト・育成論

プロ野球のドラフト候補についての話、プロ入り後の育成についての話を中心に書いていきます。

【センバツ2016】東邦(東海・愛知)の戦力分析

秋大会成績

東海大会成績 3勝0敗(優勝)

・1回戦 8 - 0(vs中京) 7回コールド

エース藤嶋が7回完封に3打点の活躍

・準決勝 3 - 1(vs三重)

エース藤嶋が9回1失点完投

・決勝戦 3 - 2(vs滋賀学園)

藤嶋が初回に6点を取られるも、打線の大量援護で追いつき9回サヨナラ勝ち

 

神宮大会成績 1勝1敗(ベスト8)

・1回戦 4 - 2(vs秀岳館)

藤嶋が9回1失点完投と2本塁打の大活躍

・2回戦 3 - 4(vs青森山田)

近久、松山による継投も4失点。ミス続出が致命傷となって敗退

 

投手評価

エース藤嶋は投打両面でプロスカウトから大きく注目を集めています。

秋大会で藤嶋が登板した試合は負け無しで、連投できるスタミナも十分あり、センバツでも藤嶋が全て投げ切る可能性は高いです。

控えでは近久と松山がいますが、神宮大会では2人の登板試合に敗退してしまい、その経験を糧にセンバツでは控え投手として大丈夫な状態にしておきたいですね。

 

野手評価

エース藤嶋が打線でも核となっています。

神宮大会で1試合2発打ったパンチ力はまさしく4番といえるでしょう。

その藤嶋にランナーを貯めた状態で繋げたいのに不可欠なのが1番鈴木で、バットコントロールが良く高い打率と盗塁できる足の速さで、得点圏に進める打者です。

藤嶋の前後の3番松本、5番松山も藤嶋に劣らぬ長打力のある打者で、ランナーを還せる打線ができています。

守備面は全体的に安定していますが、神宮大会2戦目では凡ミスが目立ちました。

センターラインは全員守備が良いので、あとは単純なミスをどう減らすかが大事になってくるでしょう。

 

総合評価・センバツの展望予想

エースで4番の藤嶋が絶対的な存在となっています。

藤嶋の状態次第でセンバツの結果が決まってくると言っても過言ではないでしょう。

あとは藤嶋をどれだけバックが支えられるかで、ミスを減らすことや藤嶋に繋げることがしっかりとできていれば、結果がついてくるでしょう。

元々ミスが少なく安定感のあるチームなので、単純な実力ならセンバツでも上位校に匹敵すると思います。

神宮大会同様に、ベスト8圏内に入る可能性は高いでしょう。

【スポンサーリンク】